Stage6閉鎖の裏にシリアス・ドラマと愚行の数々

次の記事

ウェブのちょいセレブを発掘するSarah Meyersの新番組「Pop17」本日スタート

昨日(米国時間2/25)サンディエゴの「DivX」が人気動画サイト「Stage6」の閉鎖を発表した。 サイトは月間ビジター1740万人。みんな満足していただけに驚きと落胆をもってニュースを受け止めている(閉鎖発表の投稿には5000件を超えるコメントがついている)。

DivXのサイト閉鎖の理由を巡っては「海賊版対応の問題」というものから、「HDコンテンツを全部配信するのにかかるCDNコストが雪だるま式に嵩んだ」ことまで、いろんな噂が飛び交ってるが、複数のソースから得た情報によると現実に起こったことはDivX取締役レベルのエゴの醜いぶつかり合いだ。そのとばっちりでチームのスタッフが粗方会社を単に辞めてしまった。つまり早い話が、DivXは絶対勝利間違いなしなところから一転、敗北したのである。

まず最初に経緯をざっくり振り返ってみよう。

– DivXは2006年後半、上場に踏み切る直前にDivXコーデックのケーパビリティを披露する手段としてStage6をローンチした。PRらしきことは何もしなかったのにサイトにはあれよあれよという間に人が集まり、ベータ版公開の2007年半ばにはユーザーが数百万人、ページビューが数千万件の人気サイトになっていた。なにしろキーは高品位な動画。-ユーザーは迷いもなくこれに飛びついた。

DivX共同ファウンダー兼CEOのJordan Greenhallにはヒットの確かな手応えがあった。そこでStage6売却の可能性を探ることに決め、投資銀行Montgomery & Co.を雇い、買い手候補探しに乗り出した。その一方でベンチャーキャピタリスト相手には部門をスピンオフしたら出資する気はないかというアイディアの売り込みも始めた。利益の衝突を避けるため彼はDivXのCEOを辞め、代わりにプレジデントKevin Hellが会社の経営を引き継いだ。Darrius Thompson(DivX共同ファウンダー)、Mark How(DivX VPビジネスディベロップメント部門VP)、Mark Chweh、Chester Ngほか、DivX社員約20人が彼(Greenhall)についていった。Stage6では全員が全員、「共同ファウンダー」の肩書きを共有していた。

Montgomeryは2007年下半期ずっとかけてStage6を売り込んだが、買い手からの反応は今ひとつだった。が、VCたちはスピンオフに出資するアイディアとなると熱心に投資したがった。11月を迎える頃には投資後の企業価値$90M(9000万ドル)をベースに$20M(2000万ドル)の投資を行うことでCrosslink Capital、Sofinnova France、Mission Venturesが約束し、さらに戦略投資家から$5M(500万ドル)、プラス“友人・家族”から$2M(200万ドル)入ることが確実に。それやこれや合わせてStage6は$27M(2700万ドル)のラウンド調達完了に向け準備を進めた。DivXは投資が入る新会社の所有権の20%を確保するはずだった。

そのまま順調にいけばDivXは新会社の株式の相当部分を得るだけでなく、著作権料だけで推定月額$1M(100万ドル)もの運営費用を経費として帳簿に計上し、Stage6は2008年収入のほとんどをDivxに償還する手筈になっていた。

この収入がまた些細な額ではない。Stage6で動画視聴をしたいユーザーは、まずDivXプレイヤーをダウンロードしなければならないが、このダウンロード・パッケージにオプションとしてYahooツールバーが含まれている。YahooからDivXへの支払いは年間$16M(1600万ドル)にも上るのだが、われわれの情報源によるとこの額の半分、およそ年間$8M(800万ドル)がStage6のツールバーからのものだという。しかもその割合は上昇しており、2008年のツールバー収入は$10M(1千万ドル)に達し、Stage6はほとんど損益が均衡すると見込まれていた。

そして昨年11月末。DivXの取締役会でStage6のスピンオフとベンチャー資金調達の承認が議題に上った。ところが、この土壇場になって取締役会はスピンオフをキャンセルしStage6を支配下に置き続けることを選んだ。

理由は明らかでない―Stage6の評価額を聞いてびっくり仰天し、スピンオフさせるのが惜しくなったのかもしれない。それとも長期的にみて、Stage6からのツールバー収入が手放せないと考えたのかもしれない。聞いたところによると、ここで激しいエゴの衝突が起き、結局Stage6の独立はご破算になった。が、このとき同時にStage6のキーとなるファウンダーたちも辞任してしまったのだ。DivXはGreenhallが辞任したことを告げる短い告知を出し、そこで 「当社がStage6の将来に関していかなる方針を採るべきか考慮するためにさらに時間を要する」と付け加えた。

でもまだその時点では誰もがDivXがそのままサイトの運営を続けるものと思っていた。ところが12月から1月にかけてDivXは動画ストリーミングの運営コストと、システムの面倒を見るキーになる技術者がいないことがまたしても心配になったらしい。今から3週間前にDivXはGreenhallに最初のスピンオフ・プランに戻る気はないかと尋ねたという。Greenhallは断った。

そこでDivXはStage6の閉鎖を決めた。閉鎖によって何百万というDivXのダウンロードも、それにともなうYahooからの収入も水の泡となった。結局DivXは赤ん坊もろともタライの湯 ―何百万ドルもの収入と何千万のユーザー ―を捨ててしまったわけだ。DivXの取締役会と経営陣は、ひと言でいえば、バカというに尽きる。投資家も同じ意見のようで、DivXの株価は過去最低を記録している。

DivXはこの記事に関してコメントを拒絶した。

関連記事:Divxが人気海賊サイトStage6を閉鎖

[原文へ]

(翻訳:satomi/Namekawa, U)