AdobeのFlashでは、Steve Jobsには不足

次の記事

ヤフーの“位置情報のTwitter”ことFireEagleがベータ公開、応用はこれから

CNNは今朝(米国時間3/5)、Steve JobsがAdobeのFlashテクノロジーはiPhoneにはふさわしくない、と述べていることを伝えた。

Jobsは、デスクトップ版のFlashはiPhone上で動かすには遅すぎるし、携帯版のFlashは機能不足であり、iPhoneでも十分速くて、かつ十分な機能を持つ「中間製品が欠けている」と考えている。
Adobeには「中間製品」なるものの計画はないようなので、Jobsのコメントは、iPhoneが当分Flashをサポートしない、ということをものがたっている。リッチアプリケーションの配信にしてもビデオにしても、Flashが今のウェブでいかに重要であるかを考えると、これはデベロッパーにとっても消費者にとっても嬉しい話ではない。

明日、SDKと一緒にFlashサポートの発表があると期待していた向きは、特にがっかりするだろう。おそらくJobsは、ほんの少しでもショックを和らげるために、1日早くFlashについての考えを公表したのだろう。

もちろんこれは、Duncanも推測するように、Microsoftが急襲してiPhoneにSilverlightを走らせるチャンスだ。が、そんなことを想像すらできるだろうか。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)