Yahoo Buzz: 開始2週間のデータを公開

次の記事

Numbrosia – 能力主義のニュース

Yahoo Buzz2月25日にスタートしたDiggライクなサービスで、間もなく生まれて3週間になる。われわれはYahooから、開始2週間のデータをいくつか提供してもらった。

パブリッシャーにとっての大きなメリットは、Buzzの記事がYahooのトップページからリンクされることで、これが記事への大量のトラフィックを生む。記事がトップページに載れば、そのサイトでトラフィックの新記録が出る可能性は大だ。Yahooによると、この最初の2週間で1600万人のビジターを他サイトに送り込んだということで、リンク先のパートナーからもデータが集まっている。

  • Salonは2月28日に同社のプレスリリースについてのこの記事がYahooのトップページからリンクされた。その日のユニークビジターは100万人を記録し、同サイト12年の歴史の中で最高だった。
  • US Magazineは2月27日にYahooからリンクが張られ、史上第2位のトラフィックを記録した。その日の訪問の32%がYahooトップページからだった。
  • Huffington PostはYahooにリンクされた記事から80万人のユニークビジターを獲得
  • Smoking Gun、Portfolio.com、Dallas Morning News、Imaginovaの4サイトはいずれもYahooトップページからのリンクの後に大幅なトラフィック増加があったと報告している。
  • Sugar, Inc.のサイトは、Yahooトップページの5本の記事から計180万近いユニークビジターを得た。

きのう、われわれもYahooトップページにリンクが貼られた。Duncan Rileyによる、日本のISPがファイル共有ユーザをブロックするというこの記事(上の画面イメージ参照。クリックで拡大)。このリンクがライブになったのが西海岸時間の午後5:45で、ニュースボックスの下の方の4つのリンクの1つ(トラフィック効果は少ない方)で、その日一杯掲示された。きのうは土曜日(一週間で一番トラフィックが少ない)で、1日のわずか1/4の間だったにもかかわらず、TechCrunch史上最大のトラフィックを叩き出し、その記事には1000件を超えるコメントが付けられた。あまりのトラフィックにサイトがダウン寸前まで行ったが、Media Templeの人たちが頑張ってくれた。

Yahooは今でもトップページに置くBuzzのリンクの数を増やし続けていて、送り込んだトラフィックでウェブサイトを潰さないよう注意している。しかし、Yahoo.comからのリンクが、Diggその他のライバルのできることとは桁違いであることは明らかだ。これではBuzzのパブリッシャー(招待されないとなれない)たちも目が離せない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Yahoo Buzz: 開始2週間のデータを公開” への5件のフィードバック

  1. […] 〔参考:違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意 (読売新聞)など。本家記事には260以上のコメントがついている。アップデート:日本時間3/16 16:16 現在、本家のコメントは715件。アップデート2:その後本家のコメントは1000件を超えた。だだし、これは話題そのもののためというよりは、Yahooのトップページにリンクが貼られたためとみられる。〕 […]

  2. […] 次のスライドは、同社戦略が過去2年間どう成果を挙げてきたかを図示したもの。オーディエンス構築およびオーディエンスの収益化、そのいずれかの種別のイニシアティブや提携・買収の動きを網羅している。(Yahoo BuzzとOpen Search、モバイルに重点が置かれてる点に注目。—ヤフーが取締役会に“成長の原動力”として報告したのは以上の分野だ。ことモバイルに関しては充分な裏づけがない印象もあるが、別のスライドではヤフーのOneSearchプロダクトを使った経験のある携帯購読利用者は6億人を超える、と明記されている) […]

  3. […] ウェブサービスの現場では2006年秋からEC2を使って容量増強は行っているが、完全に“エラスティック(伸び縮みする弾力性を備えたもの)”になったことは一度もない(そういった状況が発生すると、トラフィックなどの増減に合わせてスケーリングするには更なるマシンの補強とコンフィギュアが必須だ)。Scalrの目指すところは素晴らしい。:「冗長で、自己治癒力を備えた、自分でスケーリングできる」ネットワーク…つまり朝は通常並みのトラフィックに対応し、午後からバズされてドッと人が集まってきても自力で持ちこたえられるセルフ・サスティナブルなサイトに近いものを実現することである。 […]

  4. […] Duncan Rileyが今日、大いに惜しまれつつTechCrunchを去ることになった。DuncanがTechCrunchのチームに加わったのはちょうど1年前だが、技術とスタートアップの記事を週7日、休まずに担当した、いちばん生産性の高いライターだった。ラフィック数の最高記録を達成した記事を書いたし、TechMemeのヘッドラインカウントは、彼をインターネット界で4番目に重要なテックブロガーにランクしている(ところで、TechCrunchの新旧のライターは、上位5人中4人を占めている)。彼はわれわれの中でも偉大な存在であり、非常に困難な時にあって私とともに幾度も最前線で戦っただけに、その損失は大きい。で、なんで彼はTechCrunchを去るのか? もちろんわれわれと競争するためだ。Duncanはまもなく、彼が情熱を燃やすポップカルチャー、テクノロジー系の記事、その他読者の興味を惹くようなその他の話題をカバーするIInquisitrをローンチする。皆さんはこのURLを通じて自分のfィードリーダーにInquisitrを予約することができる。それに、Duncanのパーソナルブログもここで読むことができる。TechCrunchの元ライターのリストにまた一人加わったことになる。Duncanはこの数年の間に去ったNick Gonzalez (現在Social Media)、Marshall Kirkpatrick(現在ReadWriteWeb)、Natali Del Conte(現在CNET TV)それにBen Meyer (現在Facebook)といった元TechCruncherの顔ぶれに加わったわけだ。彼らは全員が変わらず良い友人であり、Duncanも当然そうなってくれると思う読者の皆さんは、これからも古いよしみで、折にふれてDuncanの面白い話をTechCrunchで目にする機会があると思う。でも彼のいつもながらスマートで、時にクレイジーな長話を毎日読みたいと希望される方は、迷わずInquisitrをブックマークしてほしい。願わくは、いつの日かこのブログを買収して、もう一度連れ戻すチャンスが来ることを。Blog HeraldのMatt Cravenが、Duncanにこの転職についてインタビューしているが、ここで聞ける。CrunchBase InformationDuncan RileyInformation provided by CrunchBase[原文へ](翻訳:Namekawa, U) […]

  5. […] blogs.comはドメイン名のおかげで放っておいても膨大なトラフィックを生む。このサイトで取り上げられるブログにも多くのトラフィックが生じることになるだろう(但しYahoo Buzzのような盛り上がりがすぐに生まれるというわけではない)。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中