さらば、アーサー・C・クラーク(1917~2008)

次の記事

Google MapsがWikiスタイルに

acclarke.jpgアーサー・C・クラーク(Arthur C. Clarke)がスリランカの自宅で死去した。90歳だった。

クラークは「2001年宇宙の旅」の作者として最もよく知られているが、その才能はサイエンス・フィクションにとどまらなかった。1945年には、衛星が通信のツールとして使われることを正確に予言し、後にウォルター・クロンカイトとともにアポロの発射を報道した。

クラークは、2000年にナイトの称号を与えられ、2001年の火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」はクラークに因んで命名された。

晩年オンラインに参加するには齢を重ねすぎていたが、彼の先見性のある数々の功績は、今日の技術の多くを作り出した世代を鼓舞してきた。

クラークのウィキペディアの項目はこちら(英語)[日本語]。

(via AP)

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)