ブログ用コンテンツ推奨エンジン? 使えるかも…

次の記事

Chris Pirillo、オープンソースの大規模なコンテンツ・マネジメント・システムのプロジェクトを開始

今日(米国時間3/27)アルファ版をスタートしたZemantaは、ヨーロッパのスタートアップで、自社開発の意味解析エンジンを利用して、コンテキストに関係のあるリンクや画像、関連コンテンツ、タグなどの推奨を行うWordpressのプログ用機能を開発した。いずれは、分野に特化した推奨(ハイテク、SEO等)を行うサードパーティー用のタブとも統合する予定だ。要するに、ブログ記事を書き始めると、Zemantaがそれを見ていちばん合いそうなリンクをテキストに追加する。ユーザーはそれを編集できる(ほとんどのブロガーが間違いなくやりたがること)。さらに、関連記事へのリンクも作ってくれる。この種のアプリケーションが、学術用や企業用のコンテンツ管理システムによくみられるが、ウェブ用にはこれまであまり出てこなかったのは、非常にCPUや資源を食う技術だからだった。ZemantaはAkismetと同じように、コンテンツを高度に解釈することによって何をすべきかを判断するウェブサービスAPIだ。

FirefoxとTypePad、Wordpress、Bloggerで動作するデモをダウンロードできる。アルファ版なので完全なものは期待しないように。

Zemantaのチームはスロベニア出身で、昨年のSeedcamp(ロンドン拠点のY-combinator型インキュベーター)に参加して出資対象に選ばれた6社の中の1社だ。最近$1.5M(150万ドル)のシードラウンドをEden Venturesのリードで行い、The Accelerator Group経由でSaul and Robin Kleinも参加したことを発表した。ファウンダーはAndraž ToriとBoštjan Špetičの2人で、私が昨年Seedcampで会ったいずれも非常に精力的な若者たちだ。その後、経験豊富なCEOとして招いたAleš Špetičは、以前のO’Reillyの著者で、スロベニアのITインテグレーターでCEOをやっていた人物だ。ちなみにZemantaのこんなストーリーは今のヨーロッパのスタートアップによくあるケースで、実に「ロンドンと新ヨーロッパの出会い」的だ。


ZemantaのWordpress用プラグインのティーザービデオVimeozemantaより。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)