Facebook%E3%81%8C5000%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%8F%8B%E4%BA%BA%E7%99%BB%E9%8C%B2%E6%95%B0%E5%88%B6%E9%99%90%E3%82%92%E8%A7%A3%E9%99%A4%E3%81%B8

Facebookが5000人の友人登録数制限を解除へ


Facebookの関係者によると、同社は登録できるフレンドアカウントを5000人迄としている現在の制限を、近々解除する予定だそうだ。

そもそも、何故この制限が存在していたかについて、様々な説が存在している。公式な理由は、Facebookとしては利用者の「本当の」友達のみをフレンドアカウントに登録してもらいたいから、そして現在の制限人数(5000人)自体も大変高く設定しており、現実的に1人の人間が友人関係を持っている友達の数より、圧倒的に多いからだ。非公式(且つ現実的な)な理由としては、スケーリング問題の解決が必要だからだそうだ。これに関しては、FaceBookの従業員から直接聞いており、他にもこの話を取り上げている人がいる

しかし我々の情報源によると、上記のスケーリング問題は既に解決済みとの事だ。そのため、制限も近々解除される予定だ。

Facebook側はこれに関して、7000万人のFacebookユーザーの内、5000人のフレンドアカウントを登録しているユーザーは現在迄のところ「1000人以下」との発表だった。つまり、今回の変更によって影響を受ける利用者は全体の1000分の1程度だ。しかしながら、その1000人の内には不釣合いなほど多数のブロガーや、マスコミ関係者が含まれていたため、今回の問題が大きく取り上げられる結果になったのだ。

有名なブロガーのRobert Scoble氏も、そのような制限数までフレンドアカウントを登録している1000人の内の1人だ。Robert氏はこの問題に関して以前に不満を述べている

Facebookの説明によると、5000人以上のフレンドアカウントの登録が可能な”Facebook pages”の機能は、通常のアカウントより多くのフレンドアカウントの登録が欲しい有名人や、ブランド向けに作られている機能だそうだ。例えば、大統領候補の バラック・オバマ氏はFacebook上で約820.000人の支持者の登録が有る。

しかし多くの人達にとっては、登録者の(通常アカウントで)「友人」でいる事と(Facebook Pagesを通じた)「ファン」である事には違いが有る、それによって登録者から認められる交流のレベルでは、大きな違いが出てくる。何にせよ、新しいFriends Listの機能を使えば、登録されている「友人」の分類やグループ化が可能になり、そういった登録の管理を容易にすることが出来る。

[原文へ]

(翻訳:E.Kato)

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
Bezosじゃない並の経営者だったら、目先のことだけ考えて莫大な利益出していそうだけど、Bezosは…
神宮司信也
すでに日本では、角川さんや東洋経済さんが、30分程度で読めるものをシリーズ化されていますよね。
quoteq
Androidにはずっと前から対応してたじゃん。
ぴよちゃん
一番上のビデオ、すでに著作権侵害で削除されてるしwww・・・ 大丈夫?
まいのこ☆WEBデザイン
アメブロの上からニョインって出てくる広告(最悪)とか、画面いっぱいに出る広告とか(最悪)、もう本当や…