services
answeroil

AnswerOil:スライダーバーで探す、お手軽ガジェット買い

次の記事

やはり著作権法の見直しが必要な時期だ

scaled.mology intro 20080527

オンラインショッピングがどうしたら良くなるか普段はあまり考えたことがない。ただサイトに行って何回か検索して良さそうなものを買うだけだ。が、悲しいことにカメラやラップトップのように商品の決め手となる性能が1つや2つで済まない複雑な商品となると、そうもいかない。結局、消費者はオンライン購入完了前にブリック&モルタルの店に足を運んで現物を目で確かめないといけなかったりする。

英国のAnswerOilは、スライダー(バー)がベースの検索システムを提供することにより、このプロセスを大幅に改善しようという試みだ。

つまり何なのか? ―サイトではまずカテゴリ(カメラ、ラップトップ、牛の乳絞り機など)を選び、次に指定の数の特長(メガピクセル、プロセッサ、メモリ、乳頭のつながり具合など)を選ぶ。この特長は、あんまり誰も気にしないカラーやサイズなんかを指定してもいい。あとは重視する順に優先順位をつけ、重要度に応じ各性能の“ウェイト”を指定する。で、こうした変更はすべてダイナミックに処理され、(スライダーバーを動かす端から)完璧にマッチする製品は浮上し、興味にそわないものはランキング落ちしていく、という趣向だ。

スライダーの働きが本当によく分かるデモ完全版はこちら

scaled.mology moreFeatures 20080527scaled.mology moreFeatures 20080527 1

続きはCrunchGear(英文)でどうぞ…

[原文へ]

(翻訳:satomi)