Orgooもうじき公開(500名様ご招待)

次の記事

TechCrunch50パネリストにRon Conway、Sheryl Sandberg、Yossi Vardiも参加

Orgoo」はメール、IMメッセージ、動画チャット、SMSが全部ひとまとめに楽しめるオールインワンのコミュニケーション・ハブ。ずいぶん前から登場が待たれていた。

この南カリフォルニア大学(USC)生まれのスタートアップについては、2007年5月マイクが初めて紹介した。 AIMの連絡先をGmailに取り込めるようになる前の話だ。

その後、秋のTechCrunch40でサービスは“ローンチ”し、同社はプレゼンで個人のコミュニケーション手段を一本化する重要性を強調した。

ところが、Orgooで一般公開になったサービスは自社独自のグループチャットだけだったが、それも間もなく変わる。6月末ごろを目処に公開に踏み切ると、共同ファウンダーのSean Radが教えてくれた。グループチャットも差別化の重要な要素として組み入れるようだ。

公開に先立ち非公開ベータ版にTechCrunch読者500名様招待の申し出もあった。招待状はここでもらえる。早い者勝ち。ユーザーは最大6人まで友だちも招待できるので、ケチケチせず振り撒こう(あるいはInviteShareの仲間に分けてあげよう)。

同じスタートアップ主導のウェブメールの新技術としてはZenbeの事例も是非ご参考に。メール自体の向上*に力を入れており、方針がだいぶ異なる。

*Zenbeは広告(advertisements)にも力を入れているのでそちらの意味かもしれません。また、「tact」は「tack」のタイポと思われます。

[原文へ]

(翻訳:satomi)