poprl

記事人気度はクリック数が決め手。Redditと短縮URLが合体した「POPrl」

次の記事

TVとWebの出会い-Google AnalyticsがTV広告の計測開始

uLikenの開発チームが作った「POPrl」は、DiggやRedditのようなユーザー投稿記事の分野に新感覚の捻りを入れようと頑張ってる新サイト。簡単に操作できちゃう投票システムに頼るんではなく、POPrlでは記事の人気度をバイラル度(virality)で測定している。 ―リンクをクリックする人が多ければ多いほど、その記事の人気は高いというわけだ(それはその通り、だよね?)。

ユーザーは自分のお気に入りの記事をサイトに投稿し、短縮URLみたいなもの(例えばこの投稿のURLはhttp://poprl.com/r/q といった具合に)をもらう。あとはこのTinyURLをTwitterなりSMSなり他サイトなり通してウェブ中に喧伝。サイト側でこのリンクに入るクリック数を集計し、アルゴリズムで記事の人気度を測定、一番人気の記事はサイトのフロントページに掲載となる。ただし、フロントページからのクリックは人気度スコアにはカウントされない。

残念ながら、このシステムには根本的な欠陥も。短縮URLには、そのリンク先URLの内容が分かる情報が一切含まれていないので、早い話、利用者は自分のリンクにクリックしてもらえるんなら何でも言いたいこと言えるのだ。サイト共同ファウンダーのSam Bensalemは、システムを悪用するユーザーは他の各オンラインコミュニティの人たちからの信用を失うので、誰もそんな人たちのリンクはクリックしないだろう、と説明する。 完璧な世界では彼の言う通りかもしれないが、スパマーはどっか新しいオンラインの掲示板を見つけて「iPhone新詳細」とか、なんかそれ並みに興味をそそるリンクを雨あられと撒き散らして回るだけだろう。

POPrlもアイディアとしてはいけるのだが、今のかたちではスパマーの篩い分けで苦労しそうだ。当分の間はスパマーがちょっかい出さぬよう人力で介入もできるだろうけど、ゆくゆくスケールを拡大したいなら人力では無理。何か別の方法を探さなくては駄目だと思う。

[原文へ]

(翻訳:satomi)