AP対ブロガーの引用ルールをめぐる論争が旧大陸に飛び火

次の記事

HakiaのAPIで自分だけのセマンティック検索エンジンを作ってみよう

法律で既定のルールの上に、さらにAPが自社記事の見出し・本文引用の際にブロガーが従うべきローカルルールを適用しようとして賛否両論を呼んでいる件が、イギリスでもニュースとして取り沙汰されている。

上の動画では、Sky NewsがTechCrunch UKエディターMike Butcherをインタビューし、この複雑な状況について話を聞いている。

ブロガーが部分転載し、引用元の記事へのリンクを掲載する限りにおいては法律はブロガーの味方でありAPの言い分は間違っている、とブッチャーは指摘している。もちろん、TechCrunchではAPは転載禁止にして、マイクはNYタイムズがAPのポジションを擁護するのは筋違いだと論戦を張っている

インタビューから秀逸なブッチャー節をいくつか拾っておこう。:

彼ら(AP)が踏んでコケたのは、巨大なバナナの皮です。

インターネットで起こることをコントロールしようたって不可能ですよ。 それはロンドン界隈で通行人に「こんな風に歩け」と言うのにちょっと似てますかね。完全にピントがずれてるんです。

インターネットはある意味ひとつの大型コピーマシンです。でも部分引用にしてリンクバックさえすれば、それは合法サイトです。こういうことがこれから起こる、新しい現実に目覚めなくてはならない、その事実にどう対処するかはメインストリームの報道機関次第でしょうね。

[原文へ]

(翻訳:satomi)