Posterous:Tumblrに勝るカンタンさ

次の記事

Facebookの株を$3Bの会社評価で買えるぞ―電話はこちらへ

Y Combinator発の新スタートアップPosterousが今日(米国時間6/28)、史上最も簡単と思われるブロギングプラットホームを始動する。そう、あのカルト信者的ユーザーが山のように写真やショートメッセージをアップしているTumblrよりも簡単に使える。

Posterousでのブログの作り方はこうだ。post@posterous.comにメールで送る。以上。

Posterousに新しく何かをアップする方法はこうだ。上を見よ。メールの題名が記事のタイトルになり、本文がコンテンツになる。写真やビデオや音声ファイルもメールで送ることができて、サイト上の専用Flashプレーヤーで表示される。ちなみに私の新しいPosterousブログはこちら

Tumblrによく似ているって? そう、ただし、汎用のアドレスにメール一通送るだけでアカウントが作れてしまうというのは、モバイル機器に広めるには最高の方法だ(Tumblrでは、まずウェブサイトでアカウントを作ってから専用のメールアドレスにメールする必要がある)。Posterousでは記事にコメントを付けることもできるが、Tumblrではつい最近一部のユーザー向けに始めたところだ。

もうひとつPosterousですばらしいのが、コメントをメールで受け取って、さらにそのメールに返信するだけでコメントできることだ(Wordpressにこの機能があればいいのだが)。Posterousにアカウントを作れば(パスワードを設定する、という意味)他のPosterousブロガーをフォローすることもできる。

それ以外については両サービスは大体似ている。どちらも休暇の写真やビデオを簡単にメールするのに最適だ。

Posterousで考えられる問題の1つは、偽装メールアドレスからの投稿だ(メールアドレスを偽装して誰かになりすまして記事を送ることは比較的容易)。Posterousによると、IPアドレス、メールクライアント等ヘッダー情報のチェックポイントを調べることによって偽装を見分けるという。また希望者には専用アドレスも発行するそうだ。では、お手並み拝見としようか。われわれのPosterousブログに最初に偽記事をアップした人にはTechCrunch Tシャツをプレゼントしよう(ただし、いかがわしい書き込みや趣味の悪いものなど、職場で開けないようなのはダメ)。(アップデート: OK、勝者は決定しました)。

Tumblrの方がPosterousよりもずっと機能豊富だが、Posterousがまだ生まれて2か月で、従業員が2人であることを考えると納得する。それでも、Posterousは超カンタンに使えるし、モバイルブロギング的なことが非常にうまくできる。夏には新機能を追加する、と共同ファウンダーのSachin Agarwalは語っており、CSSのカスタマイズや、他のブロギングプラットホームへのクロス投稿などが予定されているという。

PosterousとTumblrはいずれも、TwitterやFriendFeedのほか、Mobogその他ここに書いたような無数のモバイルブログや写真ブログプラットフォームと競合する。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)