Googleがバーチャルワールド「Lively」を始動

次の記事

Imagekind、CafePressに$15~20Mで買収される

まあ、Second Lifeには気の毒なことだ。Googleが今日(米国時間7/8)、Livelyという新サービスを開始した。ブラウザーベースのバーチャルワールド用アドオンで、これを使うとユーザーはカスタマイズしたアバターとワールドを作って、他のユーザーと対話することができる。全般に現在のGTalkで提供されているよりも、豊かなソーシャル関係を持つことができるようになる。

バーチャルワールドはウェブページに埋め込むことができるが、これを見ることができるのはWindowsのIEまたはFirefoxユーザーだけで、それもアドオンをダウンロードしてインストールしてからだ。MacとLinuxのユーザーはしばらく待つしかない。

Googleは、サンプルの部屋をいくつも用意しており、それをコピーして変更することができるほか、ユーザーがゼロから自分だけの世界を作り上げることもできる。家具などのアイテムの追加や移動もできる。アバターは、アバター同志で話をしたり、ダンスや握手ができるほか、物体を操作することができる(デモの中では、私のアバターが有毒廃棄物のドラム缶をダブルクリックしてひっくり返すことができた)。もちろんユーザー同志でチャットもできる。GTalkがチャットエンジンとして使われている。

これはまだ本格的なSecond Life競合にはなっていない。たとえば、ユーザーが歩き回るための世界は存在しない。しかし、Googleがこれを発展させて、一つのオンラインワールドを作り上げることは目に見えている。そしてもちろん、そこに広告を売り込むだろう。追加の画面イメージをいくつか貼っておく。

バーチャルワールド内の「Goolgeの部屋」を以下に貼り付けておく。
[訳注:表示にはLivelyのプラグインが必要]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)