Yahoo、BOSSを発表―画期的な検索サービスのオープン化イニシアチブ

次の記事

ゲーマーためのコミュニティ-、UGameが公開ベータ開始

ウェブ検索業界でトップからはるかに引き離された2番手だったら、大胆な戦略を取っても失うものはない。だからYahooがオープン戦略を取ったのもうなずける。つまり検索テクノロジーを広く公開することによって多くのデベロッパーを惹きつけ、利用してもらうことによって、ウェブのロングテール部分に広告を浸透させようという戦略だ。

Yahooは、BOSSの発表によって、この方向に革命的かつ歴史的な一歩を大きく踏み出した。 BOSSは“Build Your Own Search Service”〔自分自身の検索サービスを作ろう〕の頭文字で、簡単に言えば、ウェブの検索機能をウェブサービスとして公開するもの。デベロッパーにYahooの中核的な検索テクノロジーを広く利用させ、その上に独自の機能を付け加えた新しいサービスを作らせようという試みだ。ウェブ検索のテクノロジーをYahooエンジンに乗り換えた最初のグループにはHakiaMe.diumなどが含まれる。(Hakiaの場合、自社開発の検索エンジンを補完するかたちとなる)。

デベロッパーはBOSSのAPIを通じてクエリー(と付随するパラメータ)を発行し、最高50件までのウェブページ、画像、ニュース、スペルチェック結果などを、XMLまたはJSONフォーマットで受け取る仕組みを作ることができる。この際、Yahooのサービス提供約款に従って、デベロッパーは検索結果に並べて(あるいはその中に)、広告を表示しなければならない。(ただしこの広告表示はすぐには義務づけられることはないという。Yahooでは〔広告を表示したくない場合〕CPMに相当する利用料金を請求するプランも検討している。また教育機関は広告掲載や料金支払いをいっさい免れる)。Yahooは、このテクノロジーの利用にあたって、Yahoo傘下のサイトへトラフィックを誘導するためのYahooの技術である旨の表示あるいはリンク・バック等はまったく求めない。ウェブにテクノロジー的な影響力を広めることが主要な目標だ。また1日あたりの検索クエリー数の上限なども設けないし、結果表示ページのデザインについても標準を強制することはしないという。

このセルフサービスのBOSS検索APIは単独で利用することもできるが、ウェブ上の各種サービスからのデータを広範囲に利用するプロセスを省力化するマッシュアップ・フレームも提供される。APIを使う場合、デベロッパーは、結果を得るにあたって、ポルノをフィルタしたり、画像のサイズ指定したり、ニュースの場合、何日以内のデータと指定したりすることができる。表示順位は結果を受け取ってからのみ変更できる。(デベロッパーはYahooの検索エンジンが順位を判定するやり方を変えるようなパラメータを送って、通常とは違う検索結果を受け取るようにすることはできない)。

Yahooの検索結果と他の付随的データを統合したい場合、Mashup Frameworkを使うのが便利だ。デベロッパーは(XML、JSON、RSS、RDFの形式の)ウェブのデータを統合することができる。たとえば、Summizeの結果とYahooの検索結果を統合したり、その他 、Digg とYahoo検索など、、事実上あらゆるAPIからの検索結果とYahooの結果とを統合して表示できる。このフレームワークは当初、Pythonだけをサポートするが、将来はさらに他の言語も追加される予定だ。

しかし、以上紹介した部分はYahooがBOSSでやろうとしていることの半分にすぎない。数ヶ月にはYahooは“BOSS Custom”とよばれるAPIを公開する。こちらのバージョンのBOSSでは、デベロッパーはYahooのサーバに検索用データをアップロードし、サーバ側で索引づけの処理を行い、さらにそのデータベースに対して高度にカスタマイズ可能なクエリーを発行して検索できる。

つまり、BOSSはある意味でYahooのウェブ検索機能そのものをサードパーティーに公開するサービスといえる。ありとあらゆるタイプのデータに対してクラウド・ベースの検索がかけられるようになることの意味は非常に大きい。BOSS Customのサービスを利用を計画しているパートナーがすでに多数存在している。実はわれわれTechCrunchもその1員だ。われわれは読者がCrunchネットワーク全てを横断的に検索し、独自の重み付けモデルによって高度にカスタマイズされた的確な検索結果が得られるようなシステムづくりを始めている。これによって、たとえば記事の執筆者、コメント、日付などの条件を元に絞り込みをかけることができるようになる。

Yahooのオープン戦略の最初のサービスは4月にリリースされたSearchMonkeyで、BOSSはその第2弾だ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)