the-continuum
seven-lights

「The Continuum」―Flashでもハードコアなゲームが作れる

次の記事

マイクロソフトの新提案、ヤフー、速攻で拒否

ブラウザー・ベースのゲームといえば、いっときの気分転換に向いたシンプルなカジュアル・ゲームがほとんどだった。ところが先週リリースされたFlashゲームの「The Continuum」は新しいトレンドを作るもののようだ。見事に洗練されたインタフェースと高度なランキング・システムによってプレイヤーの興味を何時間もつなぎ止めることができそうなレベルに仕上がっている。このゲームはシカゴのゲーム開発スタジオ、Seven Lightsの製品で、過去18ヶ月にわたって開発が続けられてきたという。(通常のFlashゲームに比べると非常に長い開発期間だ)。

「The Continuum」はカジュアル・ゲームではない。伝統的なテーブル上で行われるカード・ゲーム、RPG、回〔ターン〕を追ってプレイされる戦略ゲームの要素をミックスしたハードコアなプレイヤー向けの複雑なゲームだ。それぞれのプレイヤーはゲーム内で自分の使うキャラクター群を設定する。それぞれのゲーム・キャラは技術や属性がカスタマイズできる。ゲーム・キャラクターをパックにして販売することがこのサイトの収益源だ。(プレイヤーは購入したパックにどんなキャラの組み合わせが入っているのか事前に知ることはできない)。ただし、CEOのTim Harrisによると、多数のキャラを購入したからといって必ずしも戦闘に勝つ見込みが増えるわけではないという。単に戦闘において選択できるオプションの数が増えるだけなのだそうだ。

プレイヤーが自軍をカスタマイズするやり方は無数にある。これは結局ゲームを設定する過程の一環になる。ゲーム自体は〔攻撃、防御などの〕回によって構成される1対1のウォーゲームだ。戦闘には、正方形のタイルのグリッドを使用して移動距離を計測するシステムを採用している。それぞれのキャラは移動能力に応じて移動ができる。戦闘アクション(攻撃、呪文をかける、その他さまざまな活動)はスクリーン上でメニューを開いて実行する。グラフィックスはスプライト・ベースで(3Dレンダリングはない)、World of Warcraftほど高度ではないものの、ゲームの性格からすれば十分以上の能力がある。

The Continuumは万人向けのゲームとはいえない。必要とされるカスタマイズが膨大で、大量のキャラの管理と高度な戦略が必要なことなど、たいていの人にとって敷居が高すぎるゲームだろう。しかし「Magic:The Gathering」や「Dungeons and Dragons」などのファンがさらに高度な戦略ゲームを探している場合、大いに魅力があるはずだ。The Continuumがある程度のユーザー数を獲得できれば、ゲームには中毒性があるし、安い(しかし利益の出る)バーチャル・グッズの販売と相まって、ビジネスとして成功を収める可能性も十分ある。

Seven Lightsは「The Continuum」のゲーム・エンジンをベースに、将来、2つのゲームを開発する計画だ。ひとつはハードコアなゲーム・ファン向けのSF未来ウォーゲームで、もう一つはもっとカジュアルな会社パロディーものだという。TheContinuumの紹介ビデオはここで見られる

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)