aRtintimity:PostSecretがトイレにやってきた

次の記事

TC50、本日$1000引きでのチケット購入の最後のチャンス

PostSecretを読んでいると、心を打たれ励みにさえなるような感情を覚える。そこは、誰かの重大な告白が刻まれたユーザー投稿の絵はがきを掲載するブログだ。このサイトの投稿内容は、笑いを誘うものから人を不安にさせるものまで幅広く、人はまじめで偉ぶった仮面をかぶっていても、誰もがちょっと変わり者であることを思い出させてくれる。

aRtintimityは今月始動したブログで、PostSecretのマジックを再現しようと試みている。今回に限り、これをトイレットペーパーで行う。ユーザーに対して、好きな種類のトイレットペーパーに描いた作品を写真に撮って送るよう呼びかけている。写真は指定されたアカウントにメールで送れば、後に掲載される。ドメイン名はひどいし、コンセプトはまるっきりの模倣(不快ですらあり得る)だが、このサイトにも一分の理がある ― トイレに腰かけているときほど、ひとりでいられることはない。ひとつ時間を割いて、思いを打ち明けてみてはいかがだろう。

aRtintimityを試してみたいという向きのためのガイドラインがこれ。

1. トイレでひとりになったら、トイレットペーパーの一片に、その時考えたことを表現しよう。

2. 1片のトイレットペーパーをパーソナライズするときは、できる限り独創的/思慮深く/芸術的に。目標はこの部屋を包んでいるタブーを破り、感情を引き起こし、議論を呼ぶこと。

3. 完成したら、作品の写真を撮り、artintimity@gmail.comにメールすること。


[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)