ライブブログ:Facebookデベロッパー会議

次の記事

BrainstormでのGoogleのEric Scmidtに対するインタビュー(ライブブログ)

今TechCrunchチームはFacebookのデベロッパーカンファレンス会場に来ている。最新情報をライブブログでお送りするつもりだ。Mark Zuckerbergの基調講演は1:30pm PSTから始まる予定。

Facebookのプレスリリースはこちら(英文)。

ライブ中継
【日本語版編集部より:ライブ記録は時間と逆順に書かれているので、「続きを読む »」をクリックのうえ、一番下からお読みください】

基調講演後の会見で、Zuckerbergは、期待されている支払いシステムがいつ始まるのか聞かれて「私も知りたいよ」と答えていた。また、Facebookが検索システムの改良版を準備しているが未だ公開までには時間がかかるともほのめかしていた。

2:49 PM: これまで。ショウはおしまい。

2:48 PM: Great Appsは、Facebookネイティブのアプリと同じようにユーザーに統合することが可能。早期に新機能をアクセスすることもできる。Great Appsプログラムは現在アルファ段階で、最初のパートナーは、iLikeとCausesの2社。アプリに対する強力な執行システムがあり、問題のあるアプリは停止させられる。昨年来、プライバシーポリシー等のポリシーに違反したアプリを停止してきた。この件はきわめて重大に考えている、と語った。

2:47 PM: 2番目が「Facebook Great Apps Program(上層プログラム)」。基本理念の10箇条すべてを体現し、Facebookの使命を促進するもの。

2:46 PM: 新しいプログラムを2種類発表した。1番目が認定プログラム。2つのうちの下層をなすもの。9月開始で、安全で敬意があり透明性の高いアプリを認定するので申し込みを受け付けるとのこと。 「Trusted apps」[信頼できるアプリ]は、ディレクトリーとアプリページに特別のバッジが表示される(以前、これに関して書いた記事はこちら

2:44 PM: Facebookは、デベロッパー支援(Microsoft)やホスティング、スケーリング支援のためにパートナーと提携を行っている、。新しくデベロッパー用ウェブサイトを立ち上げ、すばやくスタートするために必要な情報を全部揃える。Facebook基金には1000種類のアプリの応募があったという。これまでに決まった基金の受領者を公表した。Challenge、ConnectedWeddings、Podclass、MyListo、Trazzler、Zimride、LuckyCal、Coursefeed、Hotberry、J2Play。

新しいコンテストのアナウンス。今後2か月間に$2M(200万ドル)の賞金を出す。Facebookがファイナリストを25組選び、それぞれが$25K(2万5000ドル)もらう。ユーザーがファイナリストに投票し、勝者は$250K(25万ドル)づつもらえる。

2:43 PM: いわく、このエコシステムをユーザーにとって安全で、デベロッパーにとってフェアな状態で維持しなければならない。1年前、[アプリの]平等な配布がユーザーに大きな負担となったため、制限を強めた結果アプリを苦しめた。今後は違うルールを設ける予定だ。アプリデベロッパーを支援するプログラムをいくつか発表するところ。FBMLタグ追加などの「Get Started Quickly」[今すぐ始めよう]ツール。

2:42 PM: Benjaminいわく、昨年はいろいろなことを学び、多くの課題もあった。Facebookはコミュニティーの声を聞く。デベロッパーとさらに密接に連携するつもりだ。組織を改変して、開発プロセスの途中にもフィードバックを取り込めるようにし、フルタイムでコミュニティーを管理する組織を作る、と語った。

2:40 PM: 「中でもセキュリティーは大きな位置を占める。アプリが他のユーザーと情報を共有する際は必ずプライバシー設定に従わなければならない。アプリは他のユーザーの思いやりと時間にも敬意を払うべきだ。使ってもいないアプリに友人を20人も招待してはいけない。知らずに友人にスパムを送ることになる。アプリは十分に透明でなくてはならない。ユーザーがクリックしたら期待どおりのものが出てこなければならない、すきま広告ではなく。デザインもまた重要である。デザインに無駄のないことが必須。アプリは立ち上がりが早く反応がよいこと。アプリが早くなればなるほどユーザーが使うようになる。アプリが頑強で、成長に沿ってうまくスケーリングできるよう注力すること。

2:39 PM: 「信頼できるアプリケーションを作ることが重要、なぜならわれわれがネットワーク効果のあるエコシステムの中で暮しているから。ユーザーが去っていけば全員が傷付く。アプリは安全で信頼できなければならない。」

2:37 PM: 彼いわく、アプリは利用価値がなくてはならない。カープールアプリは優れた実例。通勤の相乗り仲間を見つけてくれる。「アプリは表現に富んでいる必要もある」- 友人のプロフィールに書き込める落書きアプリが好例だ。そして、意義のあるアプリは魅力的でなければならない。彼いわく、Playfishが実に魅力あるゲームを作っているという。FacebookユーザーがPlayfishで遊んだ時間は9億分以上。これはおよそ1800年だ。

2:35 PM: Benjaminが「優れたアプリのための基本理念」を発表。コミュニティーとの対話を基本としている。3本の柱からなる。意義がある、信頼できる、デザインが優れている。最上級のアプリはソーシャルグラフを活用する。アプリケーションはソーシャルでなくてはならない。Lil Green Patchというアプリが好例。他のユーザーとの対話によって地球温暖化対策を支援するもの。

2:33 PM: プラットホームプログラム管理担当DirectorのBenjamin Lingが壇上に上り「プラットホームの状況」について話している。いわく、Facebookアプリには$200M(2億ドル)以上が投資されてきた。今週だけでも$34M(3400万ドル)。さらに、13社の広告ネットワークが開業されていて、アプリデベロッパーに何千万ドルも支払っている。「ベンチャーキャピタル、広告ネットワーク、デベロッパー、学術関係者、この全部がエコシステムとなってFacebookプラットホームを成功に導く」。

2:32 PM: Markがまとめに入る。アナウンスメントはこれで終りの模様。

2:31 Zuckerbergが、Facebookでプラットホームを担当している全従業員に起立するよう、続いて全アプリデベロッパーにも立ってくれるように促す。

2:29 PM: 「世界を共有してもっとオープンで繋がりを持たせるパワーをみんなに与えること」 – Facebookの社是

2:28 PM: おさらい。Markはこれまでに新しいプロフィール機能とニュースフィードの強化について話した。2番目はFacebook Connect。新プロフィールは月曜に公開だとMarkが言っていた。Facebook Connectは、今日からdeveloper key[開発者用の認証情報]を提供開始。ベータ期間を設ける予定。

2:26 PM: ローンチパートナーはこれでおしまい。Markが壇上に戻る。

2:25 PM: 新しいサイトには「my friend」タブが付いて、さまざまな都市で友人のレビューが表示される。

2:23 PM: CitysearchのMike Philipsがステージに上った。新しいサイトを立ち上げる予定で、情報共有が目玉だという。Facebook Connectと統合している。Citysearchでは今でも、ユーザーがホテルやレストラン等を探したとき、大量のレビューやデータを表示するが、友人のレビューにリンクする手段がなかった。

2:22 PM: コメントするためにログインするとき、Movable TypeまたはFacebookのどちらを経由してログインすることもできる。Facebookにログインすると表示が変わる。友人のコメントにはライトブルーの枠が付く。

2:20 PM: Six ApartのDavid Recordonが今壇上に。同社はFacebookプロフィールを使ってコメントできるようにするMovable Type用のプラグインを公開する。ユーザーはプロフィールを使うか、匿名にするかを選べる。

2:17 PM: Diggが、FacebookまたはOpenID経由でDiggにログインできるようにした。Diggアカウントに登録しなくてもよい。

2:15 PM: ローンチパートナー各社がステージに上る。最初はDiggのJoe Stump。

2:13 PM: Facebook Connectを使うと、自分のFacebook友だちが、他の外部サービスにも入っているかどうかがわかるので、そこでも繋がることができる。さらに、サードパーティーのサイト上にコメントを付けたりリクエストすることができる。

2:12 PM: Facebook Connectを使うと、アプリケーションがFacebookとデータ共有できる。ユーザーはFacebookの友だちをサイト外に連れていけるようになる。

2:11 PM: MarkがFacebook Connectについて話し始めた。

2:10 PM: 彼いわく、Facebookを「プラットホーム&ツールプロバイダー」を決定版したい、ただしアプリにはソーシャルなことなら何でもやってもらいたい。

2:08 PM: Markいわく、やがてソーシャルネットワークは分散化して、ウェブ上のアプリ群になっていくという。さらに分散化が進めば、アプリはウェブ上のどこででも走る。ソーシャルネットワークプラットホーム上だけでなく。全部が連携して動く。分散しているだけで。

2:05 PM: みんな(われわれを含む)がMark宛にウォールに書き込んでいる。Markがステージ上でプロフィールをライブで見せているからなのだが、どうやらダミーのプロフィールを使っているようだ。友だちが8人しか表示されていない。

2:03 PM: Markが新しいホームページのライブデモを見せている。

2:02 PM: Markいわく、アプリボックスを全部やめたわけではない。このためのタブを追加した。どうしてもこれが必要なアプリもある。ユーザーが個別のアプリ用にタブを追加することもできる。

1:59 PM: いわく、一番うまくニュースフィードを活用したアプリが成功する。

1:58 PM: 「プロフィールで最も重要な部分は、ウォールとニュースフィードだが、この2つを統合した。これは、デベロッパーに、ユーザーが多くの情報を共有するためのアプリを作るインセンティブを与えるものでもある。アプリケーションボックスよりもずっと良い。みんなあれを使ってあまり対話をしない。」

1:56 PM: Markが、新しいプロフィールページについて話している。彼らの現在の目標にどうあてはまるかについても。

1:54 PM: Markいわく、去年Facebookは長期的な貢献をしてくれるアプリに十分報いることができなかったし、システムを悪用するアプリに罰を与えることもできなかった。

1:53 PM: Markが、Facebookが学習したことについて語っている。プラットホームは大急ぎでリリースした。まだ完全なものではなかったし、あれほど大規模に使われることになるとは予想していなかった。

1:52 PM: Markいわく、今のFacebookでいちばん強力なツールはニュースフィード。2006年の終りにニュースフィードを開始したときトラフィックが50%伸びた。

1:51 PM: Markがソーシャルグラフについて話している。最初のf8カンファレンスで彼が紹介したコンセプトだ。

1:49 PM:LivingSocialが$5M(500万ドル)の資金調達を発表。FlixsterがAllen and Companyから$6M(600万ドル)調達、ZyngaがKleiner Perkins Caufield & Byersから$29M(2900万ドル)調達。Zuckerbergいわく「このエコシステムには$200M(2億ドル)以上の資金が投じられている」

1:47 PM:David Glazer(Friend ConnectのDirector of Engineering)が聴衆(約1500人)の中にいる。何かアナウンスしようとしているらしい。たぶん提携か何かだろう。

1:45 PM: 「アプリの翻訳もできるように翻訳ツールを公開する。現在このプラットホーム上に40万人以上のデベロッパーがいる。デベロッパーコミュニティーは世界中に広がっている。半分以上が米国外だ」

1:43 PM: Markが、Facebookをユーザーによる翻訳ができるようにオープン化する話をしている。スペイン語とフランス語から始め、今は60言語以上のサイトがある。

1:41 PM: Markが昨年を振り返って、めちゃめちゃ大変な年だったと言っている。1年前2400万人以上がFacebookを使っていた。今は9000万人だ。

1:38 PM: Markいわく、今こそFacebookプラットホームを次のレベルに引き上げる時。最近の休暇中に次のことを思った。(1)本当の意味で人々と繋がることのできるサービスを作りたい、(2)存在という概念を拡大し、オープンなやりとりを増やして、もっと共有したい。世界をもっとオープンな場所にしたい。

「いちばん大切な情報は、みんなが共有し、それを可能にする力とツールを手にしたときに初めて得られるものだ」

1:35 PM: Markが登壇、聴衆に挨拶

1:30 PM: Mark Zuckerbergのステージ登場待機中

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)