Delicious 2.0ローンチ。いや本当。今度こそ正真正銘のローンチ

次の記事

クライナーパーキンスのiFund、ステルスのゲーム新会社「ngmoco」に出資

イエーイ! 呼び声ばかりで一向に姿を現さなかった長らく待望の、あのDelicious 2.0が…あと数分でライブになる。先週また約束した通りならね。

新Deliciousは旧Deliciousとそっくり同じだが、見た目が違う。「より速く、使い方も簡単」で、「もっと人気が期待できそうだ」という触れ込みだ。

スピード: 新インフラに移行し、全ページとも高速になった。新プラットフォームではトラフィック増加に追いつきながらも、Deliciousをサクサクと即応性の良いリライアブルなものに保てるようになった。気づかなかったかもしれないが、昔のバックエンドはユーザー500万人の負荷がかかるとギシギシ悲鳴を上げていたのだけど。

検索: 自社の検索エンジンは徹底的に検証を行い、より速く、よりパワフルなものに変えた。これまでは検索しても結果が出るのに延々待たされたものだが、今はものすごく速い。 さらに新検索エンジンは従来よりスマートで、尚且つソーシャル。:自分のタグから一つ選んでタグ内検索したり、別のユーザーが公開しているブックマーク、あるいは自分のソーシャルネットワークも検索できる。全Deliciousコミュニティは言うまでもなく、友だちの専門分野や興味範囲も活用が容易になった。

デザイン: 最後にユーザーインターフェイス。これもアップデートし、可用性を改善、要望の高い機能(選択可能な詳細レベル設定、ブックマークのアルファベット順ソートなど)も盛り込んだ。こちらが目指したのは新デザインを旧デザインのスピリットに近いものに保つこと。従ってベテランユーザーのみなさんはなんの混乱もなく飛び込めるはずだ。また同時にDeliciousは初めてという新入りの人たちも、きっと前よりは簡単に使い方が覚えられると思う。

ユーザーは自アカウントにログインして、新ブラウザのクッキーを拾わはなくてはならない。正直Deliciousのサイトにはもう滅多に寄りつかなくなっている。Firefoxのプラグインがあまりにも良いのでサイトに行かなくても実際事足りるんだよね。そんなわけで自分からの注文は安定したサービスといったところかな。不具合があれば直ちに修正して欲しい。

前回のエントリでも書いたことだけど、ファウンダーのJoshua Schachter不満を抱えて会社を辞めるまでにDelicious 2.0リリースが間に合わなかったのは実に残念なこと。Schachterに新ローンチについて何か一言ないか電話で尋ねてみたら、返事はこうだった。「グッド・ラック。うまくいくよう願ってるよ」

[原文へ]

(翻訳:satomi)