Amazon、学生向けKindleの存在を確認

次の記事

Microsoft、FacebookアプリCollabioでメタデータ分析を試みる

Amazonはわれわれの推測を裏付けた。Seattle PIの記事によると、Amazonは新しくKindleの大学生向けバージョンを準備しているという。教科書市場は年間$5.5B(55億ドル)のマーケットなので、たいていの出版社は何らかの形で教科書を電子版でも提供している。たとえば、McGraw-HillEducationは書籍の95%を印刷媒体と同時に電子版でも提供している。しかし、教科書を読むのに適したデバイスが今までなかった。新しいKindleはおそらく教科書に適したオリジナルよりずっと大きな画面を備えているものと思われる。

Amazonは24万台のKindleが出荷されたはずというわれわれの昨年11月の推定や、その後のCitiグループのアナリスト、Mark Mahaneyが売り上げ推定を上方修正したのに、水をかけている

Amazonの担当者はMcAdams Wright Ragenのアナリストに対して、TechCrunchやCitiグループのアナリストが公表したKindleの販売台数の推計は不合理であり、高すぎるという印象を与えようとしたようだ。(われわれの以前のブログ記事参照)。

Amazonの幹部はわれわれの取材に対して、「Kindleは間違いなく良く売れているが、アナリストやブロガーはこうしたきわめて大きな数字を公表するにあたってAmazonに確認をとっていない」と述べた。(Bueneman記者)

われわれとしては中国の工場から出荷されたKindle台数の推計値に依然自信をもっている。この数字を公表する前にAmazonに確認を取らなかったのは事実だが、Amazonは自分たちが公表していない数字に関してはノーコメントだ。確認したところで役に立つ情報は得られなかっただろう。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)

“Amazon、学生向けKindleの存在を確認” への2件のフィードバック

  1. […] Kindle 2についてのアップデートだ。当初、Kindle 2はクリスマス商戦に間に合うよう、10月中にリリースされるというスケジュールだった。しかし、Bezos自身が最後の土壇場でソフトウェアの手直しを命じたという。われわれの情報源によると、Kindle 2のリリースは、当面、2009年の第1四半期早々になるらしい。しかし10月にリークされたKindleの画像は本文だ。現行のKindleより長いが、もっと薄い。またボタンの問題(うっかり触れてページが送られてしまう)も修正されている。学生向けの大型スクリーン版は依然、2009年前半の出荷が予定されている。AmazonはKindleのバージョンアップにだいぶ手間取っているが、これはAmazonが初めて手がけたハードウェアなのでやむを得ないところだろう。私は依然としてAmazonはプラットフォームをライセンスする戦略を取った方が有利だと考えている。そうすれば中国のメーカーをもっと活用できるはずだ。報道によれば、新しいeブック製品が数多くマーケットに出るようだし、その中には実際にKindleのライバルになりそうなものもあるという。CrunchBase InformationAmazon KindleInformation provided by CrunchBase[原文へ](翻訳:Namekawa, U) ShowListings(“arc3”); ShowListings(“arc2”); AddClipsUrl = ‘http://jp.techcrunch.com/archives/20081125amazon-kindle-2-slated-for-early-q1/’; AddClipsTitle = ‘AmazonのKindle2、2009年第1四半期早々にお目見えへ’; AddClipsId = ‘2CBE02C952CFE’; AddClipsBcolor=’#78BE44′; AddClipsNcolor=’#D1E9C0′; AddClipsTcolor=’#666666′; AddClipsType=’1′; AddClipsVerticalAlign=’middle’; 前の投稿へ トラックバック […]

  2. […] これはとても優れたサービスだ。もっと多くの学生が、これでどんだけお金がセーブできるかに目覚めたら野火のように広がるだろう。大学のキャンパスで売っている教科書が高過ぎるという愚痴は昔からある。大体の学生生協では教科書買取りプログラムをやっているが、それでさえ定価の15%とか20%とか、どう見たってボッタクリでしょう、という場合が多い。Cheggはこうしたプログラムが恥ずかしくなるようなレートを打ち出しているので、勝つに決まっている。もちろんそれも教科書がついにデジタルになって、学生がKindleに放り込んで使える時代がくるまでの話だけどね。 CrunchBase Information Chegg Information provided by CrunchBase […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中