これがChrome、GoogleのWindowsキラーだ

次の記事

Googleはどうやら本気だ。独自のChromeブラウザをマンガ付きで発表

まちがいない。ユーザー体験についてのかわいらしいマンガと心を打つお話は、マイクロソフトに対する途方もない憎悪のほんの表層にすぎない。

明日Google.com/chromeで公開される、GoogleのWebkitベースのブラウザー、Chromeはデスクトップに本当の意味での基盤を作り、ウェブアプリケーションの振るまい方をずっと自由に制御できるようにするものだ。

JavascriptエンジンがWebkitにすでにあるにもかかわらず、Googleは独自に開発した。これで、GmailやGoogle DocsをはじめとするAjaxアプリケーションが決定的に速くなるはずだ。オフライアクセスを可能にするGearsと組み合わせれば(Gearsが強力であることについてはMySpaceがGearsを使ってやったことを見てほしい)、Chromeはフル装備のデスクトップオプレーティングシステムになってWindowsと真っ向勝負することになる。

近いうちに、無数のウェブデバイスや、デスクトップのウェブデバイスさえもが、Windowsのレイヤーを完全に取り払い、ブラウザーを、ユーザーが唯一必要とするオペレーティングシステムとして使うようになるだろう。これは、いずれにせよ起きることだが、Chrome+Gearによって、ハードウェアメーカーがはるかに容易に決断を下せるようになった。

一方Microsoftは肥大化するクローズドソースのブラウザーから離れられず、そこに検索エンジンを組み込むことは法的に制約を受けている。Googleは自分たちの検索エンジンやその他のウェブサービスを、政府に干渉されることなく自由にChrome上に展開できる。つまりChromeはGoogleに大きな追加収益をもたらすだけでなく、「マイクロソフト抜き」のコンピュター体験への道を開くことになる。

私は使いもしないうちからすでにChromeが気に入っている(近々使うこともないだろう、Windowsでしか走らないから)。しかし、Googleが野放しに成長を続ける日々も遠からず終りを迎えるかもしれない。Googleが急速にマイクロソフト化してきている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)