Angelsoft

起業家と世界400のエンジェル投資グループを繋ぐAngelsoft 3.0ローンチ

次の記事

Picasaリニューアル―顔認識をサポート

Angelsoft

起業家と世界400を超えるエンジェル投資グループと投資家1万1000人を繋ぐエンジェル投資プラットフォームのAngelsoftが火曜、バージョン3.0公開を正式に発表した。

同社によると新Angelsoft 3.0では、スタートアップが自社にピッタリなベンチャー投資をもっと簡単に見つけられるよう、3つの新機能を導入したという。

まず400ものエンジェル投資グループを起業家に引き合わせる検索エンジンを構築。と言っても、Angelsoftには毎月スタートアップ2000社から投資申し込みがあるので、気がかりなのは、あまりの分量に投資家が丸ごと読まなくなることだ。そこで、より効率的に申し込みをふるい分けるため、Angelsoftでは起業家がアイディアを1度に“プッシュ(売り込み)”できる投資グループを3社と定めて、もっと多くのスタートアップがぴったりの投資家とマッチできるよう配慮した。

もっと重要なのはDiggっぽい機能も加わったこと。Angelsoft 3.0では投資家が、各スタートアップの業績に応じて既存の出資先ポートフォリオに評価付けできるようになった。この評価をベースに最も成長見込みのあるスタートアップはトップに上っていく。起業家が増資の際には、これを見た他の投資家にもそこが投資に値する企業であることが分かる、というわけ。 残念ながらスタートアップは投資家に評価付けできないので、評価は一方通行だけどね。

AngelsoftのトップページにはGoogle Mapsのマッシュアップもあり、そこでコミュニティで何が起こってるかリアルタイムで情報を流している。

サイトでこれだけツールを取り揃えているのに金の受け渡しはあまり頻繁ではなさそう。同社の統計によると、これまでに出資を受けたスタートアップは全体のたった1.32%、スクリーニング(内容審査)まで漕ぎ付けたスタートアップは24.72%ぽっきり。

が、Angelsoft 3.0は投資家とスタートアップ双方にとって優れたサービスに思える。これからは新機能のお陰で1万1000人の投資家と何千人といる起業家相互の相手探しもやり易くなるだろう。


Angelsoft 3.0 Introduction Video from Angelsoft on Vimeo.

[原文へ]

(翻訳:satomi)