グーグル「Chrome」発表記者会見ライブ

次の記事

TechCrunch50: 生徒からのボランティア募集, そしてDemoPitスポット残り5件を販売

グーグルがChrome専用サイトをここに公開した。 – ダウンロード開始はまだ。

昨日リークした新ブラウザ「Chrome」に関し、グーグルが本日(米国時間9/2)マウンテンビューの本社で記者会見を開き、新ブラウザのデモと開発の背景説明を行った。

Chrome紹介の漫画(昨日公開)が読みたい人は、こちら

記者発表のライブのメモは以下の通り(11:00 am PT開始)。


Chromeの主要エレメントは「タブ」。これはウェブページやアプリのタイトルページのようなもので、(Safariのように)ドラッグして引き回して再オーガナイズできる。ウィンドウの外にドラッグアウトして新タブ作成もできる。

Google Chromeには検索ボックスがない。- 代わりに「omnibox」というものがあり、そこでサイトのアドレスを入力し検索を行う。聞いた感じ、Firefox 3のものに非常に近い。

この「omnibox」にはスマート検索エンジン検出機能も備わっている。Amazonに行くと、Googleがそのサイトの検索エンジンを検出。次回そのブラウザでAmazonに行った際には、相手先ページ上にあるフィールドに入力しなくてもタブをヒットするだけでAmazonの検索が使える。

Googleは従来あるような典型的ホームページからは離脱を図っている(iGoogleは?と思ってしまうが)。デフォルトのホームには自分が一番良く行くサイトのリストがスクリーンショット付きで並ぶ。

Chromeには「incognito window」もついてくる(要するに「ポルノモード」のこと)。 そのモードに切り換えると小さなスパイアイコンが出てきて、そのモードで閲覧中なことが分かる。このウィンドウを使うときには、自分のアクティビティは一切記録に残らない。「incognito」モードでクールなのは、incognito使ってるウィンドウをひとつ開きながら、それとは別に普通モードのウィンドウも同時に開けることだ。

ダウンロード専用バーではブラウザ窓のボトムにバケツを作り、ダウンロードしたものは全部そこに貯めていく。各ファイルをバケツからドラッグして、デスクトップの好きな場所に移動も可能。これはダウンロードしたファイルの紛失防止が目的。DLしたはいいけど、どこに行ったか分からなくなることがあるので。

Gmailのような一部アプリはブラウザ窓から独立して使えるようになる。例えばGmailならデスクトップのショートカットやスタートメニューから本当のアプリのように立ち上がる。Chromeの特殊なアプリビュー専用ウィンドウには一般によくあるブラウザコントロールがなく、ウェブアプリ自体が表示されるだけだ。

報道によるとGoogle Chromeは2年前から開発されてきたらしい。ベータ版は40ヶ国語以上で本日リリースとなる。

レンダリングエンジンには、ウェブページにはブラウザにトークする以外なにもできないという制約があった。ページは基本的にサンドボックスに置かれているので、ハッカーが害を加えられる唯一の方法は、レンダリングエンジンにバグを見つけ、こうしたサンドボックスをエスケープすること、となる。

訪問先サイトのFlashその他のプラグインで使われているCPUがどれぐらいかは、ブラウザ専用のタスクマネジャーを見ると分かる。ブラウザのタブがハングしたら、マネジャーを使ってそのタブだけ閉じることができる。こうしておけば、また開けた時にもブラウザのページや位置を、閉じた時の状態のまま残せる。

GoogleがWebkitを選んだ理由は高速かつオープンソースだから。それにデベロッパーにまた別のレンダリングエンジンを一から覚えろと強制はしたくない。静的コンテンツのレンダリング試験ではIEが220.64 ms、Webkitが77.28という結果。

Chromeの新JavaScriptエンジン(V8)では何百キロバイトものコードを効率的に処理する。それはGmailのようなアプリを見ても分かるように。Googleはバーチャルマシンでいわゆる「hidden classes」を導入する方法を見つけた。このclassesは、これが準拠するネイティブコードの中で使われている。インラインキャッシュとダイナミックパースでサポートされているので、データのアクセス・機能実行が本当に速い。

Webkitには既にJavaScriptのレンダリングエンジンがあったが、Googleはブラウザ内のバーチャルエンジンのパフォーマンスにもっと高い目標を掲げたかった。V8開発チームはデンマーク人だ。スピードテストではIEが1時間往復15.5RPH、Chromeは584 RPHと出た。

他のブラウザもV8を自システムに組み込むことができる。V8はオープンソースで提供するので。

Chromeでは他の主なGoogleサービスのバンドルはしていない。IEでLive Searchをデフォルトの検索エンジンとして使っていた人には、Chromeも自動的にそれを使う。

ラリー・ペイジ登場。「Chromeは前から使っている」と言う。 Googleが目指すのは、プラットフォームが進化し、オープンソースモデルがその実現を叶える世界だと語っている。 Mozillaも、Googleが実現した進化を採りいれ、自分たちのFirefoxブラウザに導入したいと思えば、それも可能だ。

Googleのモバイル戦略、特にAndroidの文脈でChromeがどういう位置づけになるかに質問が及んだ。これに対し同社は、Androidには別のブラウザを使う(これもWebkitベース)が、どちらのブラウザも基礎の技術は共通している、と答えた。両者の違いはUIぐらい、とのこと。

「Chromeはウェブアプリ専用OSと呼べるようなものではない。―基本的にこれはアプリを動かす、とても高速なエンジンなのだ」とセルゲイ・ブリン。

プラグインに関しては、ChromeではFlashやPDFといったプラグインはサポートするが、Firefoxのようなエクステンション(拡張機能)は持ってない。 が、Googleでは将来エクステンション専用APIを出す予定。

Chromeはとても容量が小さい。サイズは約7MB。

市場シェア獲得について聞かれると、Google代表者らは目標値は特にないと答えた。ユーザーが“多様なエコシステム”を形成することに期待している、と語る。

消費者がChromeを使うべき理由を問われ、「より高速かつ堅牢かつ安全なウェブエクスペリエンスを欲する人には魅力的」と答えた(あくびが出るわい)。

ほぼ全てのコンピュータに無料のデフォルトで搭載されてくる製品とは競争していかなくてはならないだろう、とGoogle代表は認めた。IE7やIE8のことが心配だったのか、という質問に対しては、これは2年前に始めたことだし、消費者に別のチョイスを提供することは同社がずっと望んできたことだ、と答えた。(おわり)

[原文へ]

(翻訳:satomi)

“グーグル「Chrome」発表記者会見ライブ” への3件のフィードバック

  1. […] グーグル「Chrome」発表記者会見ライブ […]

  2. […] 9. グーグル「Chrome」発表記者会見ライブ(9/3) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中