TechCrunch50: 生徒からのボランティア募集, そしてDemoPitスポット残り5件を販売

次の記事

起業家と世界400のエンジェル投資グループを繋ぐAngelsoft 3.0ローンチ

いよいよ次の月曜日に開催予定のTechCrunch50だが、現在48時間以内に1500枚のチケットを販売中である。参加者のアップデートはここに、そして数日後には、TC50のブログにて更新予定。

アップデートが2件ある。生徒からのボランティアが必要であることと、最後の5件のDemoPitのスポットをTC50への応募者以外から募りたい。

生徒のボランティア:1日働き、残りの2日は自由時間。もしくは、3日間通常通りの参加をする場合は$150で、1日の仕事は忘れてもらっても良い。正直なところ、カンファレンス内部の様子をみることができる点で、1日勤務というのも楽しいものだと思う。どちらにしろ、イベントに生徒をたくさん迎えるのはすばらしいことである。それに、仕事のチャンスだって舞い込んでくるかもしれない。ボランティアに興味のあるものは、Tanya at TechCrunch dot com までどうぞ。

DemoPit: TechCrunch DemoPitはTC50に応募したが壇上入りすることができなかった1000社以上のスタートアップに用意されたもの。半額でチケットを購入でき、さらに3日のうち1日を使って自社のサービスを展示することができる。去年と同様、参加者からポーカーチップを集め、一番票を得た企業がカンファレンス最後の日の最後の企業として壇上入りするのだ。ほとんどのスポットが売られたが、5件残っているので、新サービスを紹介したいスタートアップに販売したいと思う。興味のある方は、火曜日の午後までにDan at TechCrunch dot comまで。

では、引き続きアップデートは更新いたします!月曜日にお会いできるのを楽しみにしています!