tonchidot
sekai camera

TechCrunch50日本勢の活躍(2)Tonchidot

次の記事

TC50: Devunityはブラウザー・ベースの協同コーディング・ツール

tonchidot-presentation2日目の会場を爆笑の渦に巻き込んだTonchiDot(頓智・株式会社)の自称“頓智世界のウィリー・ウォンカ”ことCEO井口尊仁さんは、普段からこういうキャラらしく、デモ後も「まだ物足りないですね」。

今回デモした「Sekai Camera」(米版その翻訳)は、CTOの赤松正行さんら計5人のチームで開発した。「最初はハードも作ろうと思ったんですけど、ちょうどiPhoneができたので、これ使おうということになったんですよ」と井口さん。

電脳メガネならぬiPhoneをカメラモードに構えて世界を見ると、友だちの残した音声や文字など、たくさんのタグがオーバレイして見える。「構想30年、開発1年」(赤松さん)のAR(拡張現実)っぽいiPhone対応ツールだ。

デモ動画はナレーションが重なると面白さ百倍で、特に猿が二足歩行を経てiPhoneを構えるまでになる進化図(1’55″。井口さんのアイディア)では会場全体が吹いていた。

講評では、ティム・オライリー氏が「これは何年も夢見てきたものだ。問題はどうそれを実行するかだろう」と、現実世界をおふだで埋めるまでのソース確保の面を掘り下げたが、井口さんは「想像してごらん。イマジネーションを忘れずに。Join Us」とジョン・レノンのように諭し、会場からやんやの拍手を浴びた。

WebwareのRafe Needleman氏が、「ではグーグルから買収されるまでにみなさんは…」と切り出すと「NEVER」とキッパリ遮り、笑い&拍手。 技術の詳細が今ひとつクリアでない点に質問が及ぶと、「僕らには特許があります」と一言で済まし、笑い&拍手。

もはやお笑い劇場のノリだが、事前に「手短かに」と指示された通り行ったのが回答をはぐらかしているように聞こえた人もいたようで、残念だった。Twitter共同創始者エヴァン・ウィリアムズ氏は「怪しい」と懐疑的だったし、CNetブログは、最高に面白かったけど面白いで終わってしまいそうだ、として、最後に疑問点を並べている。

TotoさんがAjiajinに書いているように「本物ではない」というもいるそうなので(ドイツの著名ジャーナリストらしい。上の写真では手を叩いて笑っているが…)、これはもう、後で教えてくれた「位置情報と端末を向ける方向を認識する技術」という部分の仕組み、AppStoreでのリリース予定など、もう少し相手の文脈に合わせたQ&A、略歴をサイトに早急に用意する必要がありそうだ。

(Q&Aセッション後半部)

でも、ブースにはマスコミが大勢訪れていたし、これまでで一番盛り上がったのは事実。「これからですよ」という言葉通り、実現に向けてがんばって欲しい! 

日本からは今回OpenTraceRINEN)、SekaiCameraTonchidot)、GazoPa(Hitachi)の計3つの応募が最終選考に残っている。最終日の報告もお楽しみに。

[関連]
“iPhoneを電脳メガネにする「Sekai Camera」がすごい件” – ITmediaオルタナティブブログ
井口氏の報告赤松氏の報告
ギズモードJDのレビュー       
日経ビジネスオンライン

(文責:satomi)