Tonchidot狂騒曲、ザ・ビデオ

次の記事

iPhoneアプリのGestureが、撮った写真をその場で印象派の作品に変える

先週のTechCrunch50で聴衆から断トツの喝采を欲びたのは、日本のスタートアップTonchidotが開発中のモバイルソーシャル・タギングアプリ、Sekai Cameraのデモだった。日本人CEOの井口尊仁氏は、きわめて明らかな言語の障壁を越え、ジャッジたちの真剣な質問を意志の力でかわした。同社のサービスが具体的にどのように動いているのかに関する長々とした質問に対して、「イマジネーション!」「特許を取得しています」などと素っ気なく回答しては、聴衆を笑いの渦に巻き込み声援を欲びた。ジャッジのRafe Needlemanが、GoogleがTonchidotを買収するのでは、と水を向けるとこう反論した。「Never!」。

デモの元のビデオ部分はYouTubeで10万8000回以上再生された。デモ全体のビデオを上に貼り付けておいた。デモ後のQ&Aも入っている。ビデオ全編は17分あり、開始するまでに約1分かかるが、ここには、井口氏が乏しい英語力ながら、聴衆や疑心暗鬼のジャッジたちまでをも手玉に取る様子が記録されている。Q&Aは開始後8分あたりから始まる。井口氏は、いら立つジャッジTim O’Reillyをことさら巧みにあしらっていた。YouTubeにはほかに、短く編集された字幕付のジャッジのQ&Aもある(下に貼り付けた)。デモをする人なら誰でもここから学ぶことがあるだろう。答えは短く、細かい話に圧倒されず、世界をどう変えるつもりかを説明する。

デモは、Sekai CameraがiPhoneのカメラのビューファインダーを使って、データベースから取ってきたタグと情報を、現実世界のモノに重ね合わせる様子を見せるところから始まる。(iPhone SDKで、カメラをあんな風に使うやり方が許されているのかどうかわからないが、気にしない)。カメラをパンしていくと、店や商品、さらには友人の声やメモのテキストに対しても様々なタグがポップアップする。「上を見て。下は見ない」と、井口氏が聴衆に言い続ける。Sekai Cameraには「エア・フィルター」が内蔵されていて、関心のあるタグだけを見ることができる。現実世界とウェブを橋渡しするインターフェースとしてデザインされている。

この一例だけに限って、ライブではない作りおきのデモを認めたのだが、それはこの製品の全機能を見せる事実上唯一の方法だったからだ(TC50主催者のJason Calacanisが、動作プロトタイプが実際にiPhone上で動いているところを見ている)。しかしジャッジたちは、一体誰がこのタグ付けを全部やるのか、本当にこれがうまくいくのかを知りたがった。それに対する井口氏の答えは「Join us(一緒にやりましょう!)」であった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)