Hulu、誰もJoostに注意を向けないよう手を打つ

次の記事

Google Chromeの漫画本がチャリティで3175ドルを稼ぐ

プロが制作したビデオ番組のオンライン視聴に関してJoostが注目を集めないよう、Huluはあらゆる手を打っている。

では、Joostがダウンロード・モデルを廃止してブラウザー・ベースに移行し、またコンテンツに関連したSNSをローンチした影響は?

Huluも同じことができる。まったく問題ない。

今夜(米国時間9/23)、午前1時に流されたプレスリリースによると、Huluに以下のような機能が追加された。番組の推薦、番組内容に関するユーザー・フォーラム、検索方法の強化、番組予約管理の改善。またHuluではアニメ、ファッションと美容、食べ物とレジャー、ホーム&ガーデン、コメディー、音楽、コンピュータ・ゲームなど17種類のテーマ別チャンネルを作った。Huluによると現在、100種類のコンテンツ提供者からの900弱のテレビや映画の番組が提供されているという。

Joostのびっくりするような新しい機能は文句なしにすごいとは思うものの、Huluには〔Jon Stewartの〕Daily Showがある。だから私にとってはやっぱりHuluの勝ちだ。

しかし、もちろん、本当のライバルは、少なくともトラフィックのボリュームに関するかぎり、YouTubeだ。Nielsen Onlineの調査によると、Huluのトラフィックが月間1億回強であるのに対して、YouTubeはその50倍もある

HuluのCTO、Eric Fengに対する最近のインタビューはこちら

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)