GoogleがGoogle Apps Labsを公開、サードパーティー開発者歓迎

次の記事

Facebook Connect、11月30日に公開

Googleは今日(米国時間10/28)、Google Apps Labsを公開する。実験アプリ(Google Moderatorが最初に追加されるもののひとつ)のための、新しいプラットホームだ。

これは、Google Appsを使用している企業や学校が追加することのできるサードパーティーアプリケーション群だ。Google Moderatorのほか、現在2種類のアプリケーションが用意されている。Google Code Reviews(ソフトウェアコードの相互レビュー)とGoogle Short Links(URLを短かく、意味のある文字列に変換する)だ。

この発表で特に興味を引くのは、Googleが、現在Google Appsを使っている「100万社以上の企業」で自社アプリを使えるようにしたがっているサードパーティーに対して、プラットホームを開放しようとしていることだ。SalesforceのAppStoreデベロッパーたちが注目することは間違いない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)