animoto

Animoto、テキスト機能追加でさらに改良される

次の記事

「Jellyfish」を売った連続起業家の2人が、今度はネット小売「Alice.com」で$4.3M調達

前にも書いたが、私はAnimotoの大ファンだ。このサービスはたった1つのことだけを実にうまくやってのける。写真を即座に音楽つきスライドショーにしてくれるのだ。

このサービスは文句なくすばらしい。ライバルのSlideやRockYouがつまらないFacebookアプリを山のように発表している中、Animotoはクールなスライドショーを作るという基本を固く守っている。この8月の時点で、Animotoには200カ国に25万のユーザーがおり、400万のスライドショーを作っている。再生回数は5千万という。

基本サービスは無料で、ユーザーはAnimotoが提供する音楽を使って30秒までのスライドショーを作ることができる。(これでAnimotoは楽曲の利用による著作権問題の面倒から逃れることができる)。年間$30または、1本につき$3払うと長さの制限が解除される。スライドショーはAnimotoのサイトで見ることができるのはもちろん、他のサイトにエンベッドもできるし、無料でMP4ファイルとしてダウンロードも可能。ユーザーは$20でDVDに焼いて送ってもらえる。また高精細度(864×480)版うをMP4またはISOファイルでダウンロードするのは$5だ。今日、AnimotoはiPhoneからの視聴を簡単にするための専用リンクを追加した。

また、ユーザーはスライドに文字を使えるようになった。キャプションや字幕ではないが、映画のタイトルのようなしゃれたテキストを表示できる。下のスライドショーにサンプルがある。

現在までAnimotoは2回にわたって資金を調達している。そのうちの1回は2008年5月のAmazonからのもの。金額は明らかにされていない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)