実寸大のリアルな自分の頭像が2000ドルで発注できるサイト

次の記事

ヨーロッパのイベント最新情報は「Happenr」でチェック

ThatsMyFace」というサイトがある。読んで字の如く、自分の顔写真(正面と横顔の計2枚)をアップロードすると数時間で頭部の完璧な3Dモデルを仕上げて、自分が60歳でどんな顔になってるか、別の人種に生まれてたらどんな顔か、といった面白いものが見れるサイトだ。自分の“モテ度“の評点も出してくれる(これなんかはFacebookアプリにしたら流行るね)。

だが、このサービス一番のクールなパートは、彫刻コーナーだ。原寸大までの頭像を3Dプリンターで作ってくれるのだ。しかも値段は破格の$2000(もっと小さいのはもっと安いよ)。

これは当然だが、世の中のものはなんでも買い尽くしてしまった男女にぴったりのギフトであり、ストーカー往年の夢の実現である(ストーキング相手の写真が2枚あるという前提で)。さらにまたTechCrunch読者にもぴったりと判断したわれわれは、これを1体無料でプレゼントしてくれとサイトに拝み倒してオーケーを取った。

欲しい方は、これが自分になくてはならない理由を米版のコメント欄に残すこと(メールは本物のアドレスを記入すべし)。一番面白い理由を述べた人が勝ちとしよう(尚、謹呈に当たっては最終成果物の写真を本ブログに公開することに同意することが条件だ)。もらえるのは左の写真と下の動画にあるような$299の原寸大のフェイスマスクのバージョンだよ。 (動画はジャンプ後。ボリューム下げようね。いいから言う通りに…)。:

[原文へ]

(翻訳:satomi)

“実寸大のリアルな自分の頭像が2000ドルで発注できるサイト” への1件のコメント

  1. 実寸大のリアルな自分の頭像が2000ドルで発注できるサイト…

    これは!

    「ThatsMyFace」というサイトがある。読んで字の如く、自分の顔写真(正面と横顔の計2枚)をアップロードすると数時間で頭部の完璧な3Dモデルを仕上げて、自分が60歳でどんな顔…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中