Screentoaster

DL要らずのスクリーンキャスト録画ツール「ScreenToaster」がバージョンアップ(招待あり)

次の記事

Zyngaより、人気のオンラインポーカーに参加できるiPhoneアプリ新発売

公開前からブログで注目を集めている「ScreenToaster」はブラウザからスクリーンキャストが作れるソリューション。サービスはまだ非公開ベータだが、その新バージョンが新機能搭載で今日(米国時間11/13)リリースとなった。

録画(「Alt+S」を押すだけ)後は解説をボイスオーバーで加え、サムネイルのプレビュー変更、動画サブタイトル挿入も可能になった。ユーザーエクスペリエンスはとてもシンプルで、スクリーンキャスト作りが格段に楽になる。 Screentoasterのサイトがオープンなら、ブラウザ外からでもスクリーンキャスト作成は可能だ。エクスペリエンスで唯一の難点はScreentoasterのサイトをタブで開いておいて、そこから録音開始しなくてはならないこと。これはでも、スクリーンキャストを頻繁に作るひと向けにブラウザ専用アプレットとかプラグインもきっと出してくれるだろう。

以下が新機能込みのスクリーンキャスト。

Recorded with screentoaster.com

サイトには新たな変更も加わった。スクリーンキャストはインデックスして検索可能にできるほか、他の人に見られたくないものはプライベートモードで公開可。ScreenToasterにはどのオンライン動画サービスでも使える上位ランキング作品、ビュー数最多作品、評価、コメント、タグ、カテゴリなど人気のナビ機能と埋め込みコード(当然)も取り揃えた。

ScreenToaster - Record

新しくなったScreenToasterを早速試してみたが、ほぼ満足で、ブラウザベースのスクリーンキャスト撮影手法は無料/有料ともに数あれど、この手法はシンプルで効率良く使えるところがいい。ただしMacで使うとまだバグり気味なので要警戒。動画URL追加とかカット&ミックスといった編集オプションももう少し欲しいところだ。YouTubeにワンクリックでアップロードできたら、それも有難いかな。

ScreenToasterの開発元は、フランスはパリに本拠がある新スタートアップ「Iteria」。

TechCrunch読者先着500名様ご招待: ここで登録するだけでOK(コードは「TECHCRUNCH」と入力)。使ってみた感想を是非ひとことコメントくださいね。

[原文へ]

(翻訳:satomi)