Facebook%E3%80%81%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%82%92%E5%8F%B0%E7%84%A1%E3%81%97%E3%81%AB

Facebook、もうかる誕生日お知らせ産業を台無しに

Facebookがまたひとつ、ユーザーにとって実に便利な機能を追加し、その結果、同じことをしていた山ほどのアプリケーションが占め出された。これからは、週一回、友だちの誕生日が来ることだけを知らせるメールを受け取れるようになる。

これは、もっと誕生日情報を知りたいと思っているみんなにとっては良いニュースだ。しかし、既に同じことをFacebook上でやっているBirthday Alertや類似サービスにとっては悪いしらせだ。Birthday Alertには月間18万820人のアクティブユーザーがいる。

これをどうでもいい機能だと思うなかれ、誕生日は大きなビジネスなのだ。BeboのファウンダーであるMichalel BirchとXochi Birchの二人は、あのBeboというソーシャルネットワークをただの誕生日お知らせサービスとしてスタートしている。そのサービスが一時は1億ユーザーを抱え、今でもEカードとプレゼント販売で、年間$4M(400万ドル)の収益を上げている。初期のBeboは、誕生日お知らせによる収益で賄われていた。

この記事のタイトルはジョークであるべきだか、きわめて多くの誕生日通知Facebookアプリにとっては、間違いなく不快な出来事だ。それが人生である。Facebookのキーボードひと押しで、アプリが無駄にも無意味にもなってしまう。一方私は、喜んでこの新機能を有効にし、通知をもらって低料金でみんなにバーチャルギフトを送るのを楽しみにしている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus