Adobe-Flex
adobe-air
Adobe

Flashは今やプラットホームだ/AIRはアップグレード/CatalystがGumboに入る

次の記事

EMCが二つの買収からDechoを作ってスーパーストレージ製品を発表

プラットホームの名前としてはFlexよりもFlashがいいと悟ったAdobeは、Flash関連のあらゆるもの(Flash Player, Adobe AIR, Flex開発ツール, Flashメディアサーバなど)をFlash Platformと呼んでいる。ぼくは前からそう呼んでいるので、連中は今ごろやっと、ぼくのレベルに達したわけだ。欣快至極。

マーケティングの基調の変化だけでなく、Adobeは同社のMAXデベロッパ大会で重要な発表をいくつかするようだ。以下は、その概要:

1. Adobe AIR 1.5のリリース。 Adobe AIRのクライアントはパフォーマンスとメモリの使い方が改良される。さらに重要なのが、Flash Player 10とWebkitをサポートすること(後者はiPhoneやAndroidのモバイル用ブラウザが使っている基盤的API)。Flash Player 10は、3Dグラフィクスが充実している。AIRのこのバージョンには暗号化データベースもあるので、企業のアプリケーションを作っているデベロッパたちは嬉しいだろう。

2. Flash CatalystとGumbo。 Adobeは新しいツール集によって、それまでの中核的なデベロッパ以外の人たちも抱え込もうとしている。まずCatalyst(以前はThermoという名前)は、グラフィックデザイナーとデベロッパの溝を埋めて、両者の受け渡し工程を円滑化する。何をするかというと、PhotshopやIllustratorのようなAdobeのCreative Suite製品で作ったファイルと、FlashやAIRで作ったWebアプリケーションの間の双方向ブリッジを作る。

今週Adobeは同社のMAXデベロッパ大会である発表をする。Catalystは、前のものを後ろのものに、あるいは後ろのものを前のものに、という工程間の変換をする。これと似た意味でGumbo(Flex Builder 4とも呼ばれる)は、本格的なJavaデベロッパではない、あらゆるタイプのスクリプトキッディー〔script kiddies,スクリプトがき=本格的なプログラミング言語を駆使せずOSのシェルやブラウザ上などのスクリプト言語で何でも実現したい人びと〕が飛びつくだろう。今入手できるのはプレビューリリースだ。

3.モバイルFlash。 FlashがWindows Mobile上でデモされる

4.Linux用64ビットFlash Player。プレビューがAdobe Labsで提供される。

5.Flashメディアサーバが動的ストリーミング。このサーバソフトが、これからは、視聴者が使っているネットワークの帯域幅(速度)やデバイスの種類などに応じて、質の異なるFlashビデオを送出できる。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)

“Flashは今やプラットホームだ/AIRはアップグレード/CatalystがGumboに入る” への1件のコメント

  1. […] Adobeは同社のクロスプラットフォームのRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)のランタイム、Adobe AIRのインストール成功回数が1億回を記録したと発表した。またAdobeはFlashプレイヤーの最新版(v10)が、リリース後、わずか2ヶ月で世界中のコンピュータの半数にインストールされたとしている。発表の舞台となったのは、AIRの公式リリース後、1年を経ずに日本で開催されたイベント、Adobe MAX Japanだ。Adobeによると、AIRのインストール回数が1億回というのは全AIRのインストールベースの推計として最小限の数字だという。(つまり実際にはもっとずっと多いと示唆している)。というのはこの数字はインストールの成功が100%確実なもの(インストールの後でソフトウェアが実際に走っていることをAdobe側で確認できた分だけ)だからだ。AdobeFlashプラットフォームを使ってウェブ・アプリの開発を行っているデベロッパーについては、過去1年の間にオープンソースFlex framework、Adobe Flex Builderを含め、AIR SDKが100万回以上ダウンロードされているとしている。Millward Brown社の調査によると、AdobeのFlashプレイヤー10は世界のコンピュータの55%にインストールされており、さらに次の四半期末にはインストール率は80%になるという。またインターネットに接続可能なコンピュータの99%以上に、いずれかのバージョンのFlashプレイヤーがインストールされていると言われている。バージョン別の内訳はこちら。しかし数字はAdobeの発表によるものだという点に注意。一方、われわれが報じてきたように、Flashプレイヤーは携帯に入り込むのに依然、苦闘中だ。これをMicrosoftのFlashプレイヤーのライバル、Silverlightと比較してみよう。2008年10月にリリースされたSilverlight 2 について、インストールベースの実数は明らかにされていないが、Microsoftでは、一部の国では普及率は5割に近づいており、アメリカでの30%だとしている。Adobe AIRの話に戻るが、Flashプラットフォームのプロダクト・マーケティング担当グループマネージャー 、Adrian Ludwigはブログ記事で、AIRランタイムのインストールは、ユーザーがAdobe.comを訪問して行ったものよりもアプリケーション経由で実行されたものの方が圧倒的に多いということだ。LudwigはAIRを利用しているアプリのうちもっともポピュラーなものとしてTweetDeck、Twhirl、AOL Top 100 Videos、eBay Desktopを挙げた。(全部のリストはこちら)。私自身がいちばん頻繁に利用しているAIRアプリはTwhirl、Yammer、Google Analytics Reporting Suite、Finetune Desktop、Snackrなどだ。読者の皆さんの場合はどうだろう?CrunchBase InformationAdobe AIRInformation provided by CrunchBase[原文へ](翻訳:Namekawa, U) ShowListings(“arc3”); ShowListings(“arc2”); AddClipsUrl = ‘http://jp.techcrunch.com/archives/20090129adobe-air-is-flying-100-million-installations-accounted-for/’; AddClipsTitle = ‘Adobe AIR、順調に離陸―インストール1億回以上を記録’; AddClipsId = ‘2CBE02C952CFE’; AddClipsBcolor=’#78BE44′; AddClipsNcolor=’#D1E9C0′; AddClipsTcolor=’#666666′; AddClipsType=’1′; AddClipsVerticalAlign=’middle’; 前の投稿へ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中