YouTubeがワイド画面になった

次の記事

Twitterが「Values of n」を買収、Rael Dornfestをチームに引き込む

YouTubeはすべてのビデオをワイドスクリーン形式に変えたようだ。ほとんどのビデオが4:3形式(ハイビジョン以前の標準サイズ)で投稿されているから、ワイドになると左右に黒い部分ができる。これのようにワイド画面をうまく利用しているようなのもあるが、でもそれは、よそに埋め込むと通常サイズに縮んでしまう。

もしかしてYouTubeは今A/Bテストをやっているのか、それとも変更がすべてのサーバの上ではまだ行われていないのか(それが可能だとしても)の、どちらかかもしれない。ビデオをハードリフレッシュすると、標準のビデオプレーヤとワイドスクリーンが交互に入れ替わる。でも相当広範囲な変更のようで、Twitter上ではすでに何百人もの人たちがワイドスクリーンへの変更について発言している。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)

“YouTubeがワイド画面になった” への1件のコメント

  1. […] 1年前からHDとも違う“ハイ・クオリティ”動画で誤魔化してきたYouTubeが、少なくともHDの画質でアップロードした動画については本当のHD対応になるようだ。先週全動画ワイドフォーマット対応になったのに続いて、今月に入って「YouTubeがこの機能を試運転中だ」という報道が入ったが、今朝(米国時間12/5)はその話が一段と広まっている。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中