playspan

バーチャル・アイテム販売プラットフォームのPlaySpan、$16.8Mを調達

次の記事

EbayのBillMeLater買収はとんでもない大失敗ではないのか?

資金調達が難しくなっているって? PlaySpanを見ている資金調達など児戯に類するように思えてくる。このスタートアップは、本当に小学5年生が創立したのだが、 シリーズBのラウンドで既存の投資家Easton Capital Group、Menlo Ventures、NovelTMT Ventures、STICから$16.8M(1680万ドル)を調達することに成功した。

PlaySpanは2年前に、当時小学5年生だったArjun Mehtaによって創立された。CEOは父親のKarl Mehtaが務めている。PlaySpanはバーチャル・グッズの販売とそれに伴う少額決済のためのプラットフォームで、すでに200種類以上のオンライン・ゲームが利用している。今年、現在までに、PlaySpanを通じて、$50M(5000万ドル)もの販売が行われ、同社の利益は数百万ドルに上っている。

またPlaySpanは7-Eleven、Wal-Mart、Blockbuster、Rite-Aidなど全米2万の小売店舗でUltimate Game Cardというプリペイド・カード販売している。これはEverquest、Eve Online、それにEAの全てのゲームを始めとして数百のオンライン・ゲームで共通に使用でき、さまざまなバーチャル・グッズが購入できる。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)