Google Friend Connectが全ウェブサイトに開放

次の記事

Psolenoidによる「トラックバック」拡張サービス

アップデート:さきほどFacebookもFB Connectをセルフサービス方式で開放した。これは一対一の対決だ。

人々のオンライン個人認証へのアクセス権を誰が制するかを巡る戦いが過熱してきた。結局多くのパートナーが次々とライバルであるFacebookのFB Connectを気に入り始めた(われわれもTechCrunchに実装したところ)ことを受け、GoogleのFriend Connectが公開ベータに入った。これまでは限定プレビューリリースであったが、今はどこのウェブサイトでも、ログイン手段の選択肢の一つにGoogle Friend Connectを追加することができる。

Google Friend Connectは、Facebook Connectに対するOpenSocialの出した答えだ。他のウェブサイトが、メンバーのOpenSocialのユーザー名とパスワードを使ってログインを受け付けられるものだ。重要なのは、そのウェブサイトがユーザーのソーシャルデータを利用できることで、この中には友だちリスト、プロフィール情報、フィードメッセージ、レビュー、レーティングなどが含まれている。

OpenIDをベースにしているため、Friend Connectのコードを付加したウェブサイトを訪れたユーザーは、Google、Yahoo、AIM、OpenIDいずれのユーザー名とパスワードを使ってもログインすることができる。そのウェブサイトには、サードパーティーが開発したどのOpenSocialアプリも追加することができる。さらに、データポータビリティー標準であるOAuthもサポートされている。

細かい技術面を見れば、Friend ConnectとFB Connectの間にはいくつか違いがみられる。しかし、最後に重要になるのは、ウェブ上の個人認証とデータ可搬性の標準が何になるか、それを誰が制御するのかということだ。Friend Connectの方がオープン標準性の強いアプローチをとっているが、Facebookにはユーザー数と勢いがある。あなたはどちらに賭ける?

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)