stax-networks

Java対応のGoogle App Engineとも言うべき「Stax Networks」ローンチ

次の記事

Gizmoがついにブラウザベースの通話実現、電話番号リンク生成機能も

シアトルの「Stax Networks」が今朝(米国時間12/16)プライベートベータで始動した。StaxはプラットフォームをJavaアプリ対応のサービスプロダクトとして提供している。いわばJavaアプリ対応の「Google App Engine」(あるいはRuby on Railsアプリ対応のHeroku)のようなもの、と言うと一番のみ込みが早い。Javaはビジネスアプリケーションの世界では相変わらずとても人気が高いのだ(求人検索IndeedにはJava関連の求人が現在6万4000件もある)。

StaxはAmazon EC2で開発した。デベロッパーは自分で物理的インフラを構築しなくてもJavaアプリを作って実装できる。

目下、Staxはユーザーから利用料をビタ一文とっていない。いずれはEC2はじめ他のインフラ・プラットフォーム同様、リソース利用量に応じた課金モデルに移行となるが。試用希望者は招待コード“techcrunch”でアカウント作成するといいよ。

同社はSpike Washburnと、ウェブ開発ツールCold Fusion製作者J.J. Allaire、Baseline VenturesパートナーSteve Andersonが創業した。Baseline Venturesから2007年後半、資本調達ラウンドを完了している。調達額は非開示だが、「$1M(100万ドル)未満」のラインだ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。