ridecharge
magic-taxi

Taxi Magic: ボタンを押すだけでiPhoneからタクシーを呼べる

次の記事

CBSよ、そこまでHuluが?

タクシーのアプリケーションはApp Storeではありふれているが、その多くは電話帳に毛が生えたようなもので、タクシーを呼ぶことがとくに便利になるわけではない。でも、最近App Storeに登場したTaxi Magicは、ほかのアプリにできないことをやる:ボタンを押すだけでiPhoneからタクシーを呼び出せる、一種のオンデマンドサービスなのだ。このアプリケーションはタクシーのルーティングシステムに直接接続するので、ユーザはオペレータと話をせずにタクシーを予約できる。

このサービスは、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ワシントンDCなど合衆国の25の都市で利用できる(なぜかニューヨークはだめ)。タクシーを頼むのはかなり簡単だ:Magic Taxiを立ち上げたら、iPhoneはGPSや三角網を使ってユーザの概略の位置を判断し、最寄りのタクシー会社のリストを見せる(電話番号だけのリストの場合もあるが、それ以外はTaxi Magicの発注システムを完全にサポートしている)。

アップデート: ニューヨーク市がだめなのは、タクシーの予約システムをどこも使っていないからのようだ。

システムをサポートしているタクシー会社を選んだら、アプリケーションはユーザの正確な所在(丁目、番地など)を尋ねてからステータス画面を表示する。ユーザの車が配車されたら、アラート音とともに報告が表示される(待ち時間は時間帯や場所で異なる)。ステータス画面には、車が今何マイル先にいるか、そして運転手の名前も表示される。

今度タクシーを呼びたくなったらぼくもMagic Taxiを使ってみたいが、このプログラムにはいくつか不満もある。まず、インタフェイスは改良の余地がある。さえないブルーの背景色は、まるでシロウトの作品みたいだ。また、車がこっちに向かっているとき、SMSでメッセージをくれたり、待ち時間の視覚的な表示(インジケータ)が出ると嬉しいね。さらに、App Storeの上のそのほかのタクシーアプリケーションの、良い点をどんどん取り入れてほしい。たとえば、行きたい場所への距離から料金を試算してくれる機能なんかだ。

Magic Taxiを作ったのはRideCharge、このスタートアップはWeb上でタクシーを頼めるサービスを提供している。頻繁にタクシーを使う人は、このサービスを使えば料金の支払いを携帯電話からできる。このサイトは、タクシーを利用したあとの経費報告書も作ってくれるから、出張のときなどには便利だろう。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)