Nokiaより、全世界対象の無料メールサービス「Ovi」ベータ版登場

次の記事

JS-Kit、画像コメント機能とOpenID 2.0をサポート

Nokiaが今朝(米国時間12/22)、Series 40携帯から直接メールアカウントに無料登録できる「Mail on Ovi 」サービスのパブリックベータ版をリリースした。多言語対応で、インド、マレーシア、フィリピンで1ヶ月の試運転後、全世界で利用可能となる。

Mail on Oviでは、PCベースのメールアカウントで使える機能、Series 40対応端末35種で使える機能は全部網羅した。Nokiaによると同端末の世界出荷台数は2008年10月現在1億1000万台超。数が数だけにパソコンより携帯がデジタル通信ハブの主役を務める国々にとっては特に大きな意味を持つ発表と言えそう。このいわゆる“新興市場(emerging markets)”は携帯端末メーカー各社・サービスプロバイダにとって大きな成長機会であることを考え合わせると、Nokiaが比較的安価な端末で使える新サービス創出にこれだけ力を入れているのも頷ける(Nokiaの高性能端末はSeries 60のライン)。

Nokia Mail on Oviは世界12言語対応で、ベータ期間では英語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語・ドイツ語・ヒンズー語・ベンガル語・タガログ語・インドネシア語・マレー語で利用が可能だ。Nokia Series 40端末をお使いの方はこちらのサイトでトライできる。

この週末、Nokiaは総合サイト「Ovi.com」とメディア共有サービス「Share on Ovi」のサインイン情報統合化開始も発表した。 今月はじめに同社が公表した2011年インターネットサービス年間収入達成目標は最低20億ユーロ(27億9000万ドル)で、注力分野はナビゲーション、楽曲、ゲーム、メッセージング、メディア。

[原文へ]

(翻訳:satomi)