大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ

次の記事

2008年のWebでは何がベストだったか?–Crunchies賞の投票者ガイド

これはAppleに近い独立した3つの筋から入った情報だ。2009年秋に大画面iPod touchが出るらしい。画面サイズは7インチまたは9インチ。情報源の一人がプロトタイプに触れており、Appleはアジア圏のOEMと量産について交渉をしているという。

Appleは何年も前から社内で大画面タブレットデバイスの実験を重ねているが、ユーザーに受け入れられないことを懸念していたらしい。変化はiTunes App Storeが出来たことで、今やタッチスクリーンと加速度センサーの付いたデバイスにぴったりのゲームやアプリが何千本もある。Appleによると、2008年7月にApp Storeが開業して以来3億回以上アプリケーションがダウンロードされたという。App StoreとiTunesにブラウザーが加われば、どえらいデバイスができあがる。

価格についての情報はない。現在のiPod touchは3.5インチ画面で$229からで、32GBモデルが$399だ。大画面のiPod touchはこれよりかなり高くなることが予想される。

Appleに関する噂、とりわけタブレットの噂は現れてはすぐ消える傾向にある。私はAppleが必ず大画面iPod Touchを出すとは言わない。しかし、信頼できる複数の情報筋がAppleは計画中であると言い、ある人は実際にデバイスを手にしている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ” への21件のフィードバック

  1. 通りすがり より:

    末文に誤字がありますよ。

    • TechCrunch 日本語版編集部 より:

      ご指摘ありがとうございました。修正させていただきました。

  2. […] 大まかに言って、アプリケーション・プラットフォームというコンセプトは定着したと思う。Facebookのプラットフォームが登場したのは2007年だったが、今や数万のアプリケーションが登録されている。MySpaceは主としてGoogleのOpenSocialプラットフォームを採用しているが、4500のアプリがあって、2億1100万回インストールされている。iPhoneのApp Storeがローンチしたのはほんの最近、2008年の7月に過ぎないが、1万以上のアプリが登録され、ダウンロードは3億回を記録している。こういったアプリケーション・プラットフォームはメインストリームのコンピュータの利用にも大きな影響を与えていく可能性がある。AndroidはネットブックPC上で動作するよう改良が試みられている。また現在AppleはApp Storeプラットフォームが作動する大型のiPod Touchを準備しているものとわれわれは見ている。将来Microsoftがこのような方式のソフトウェア配布メカニズムをWindowsに直接組み込むことさえ考えられないわけではない。しかし、これらのプラットフォームにはきわめて大きな機能の穴がある。どのプラットフォームも、アプリケーション作成者がユーザーから直接集金できるようなマイクロペイメント機能をサポートしていないのだ。現在、FacebookやMySpaceのアプリ・デベロッパーは、きわめて低い単価(CPM)で広告を掲載することで収入を得ている。iPhone/iPodのデベロッパーは、ユーザーにアプリケーションをダウンロードさせる際に課金することができる。どちらの方法もソフトウェアでビジネスをするには良い方法だ。しかし収益化の三本柱の最後の一本―ギフトその他バーチャル・アイテムを販売する際に必要とされるマイクロペイメント・サービス―は、現在まで事実上無視されている。サードパーティーの支払いシステムを利用することで問題の解決を図ろうとするFacebookアプリも登場している。Spare Change(PayPalを利用)やSocialGold、Zongその他のサービスがユーザーの資金をシステムに受け入れており、Mob Warsのようなアプリはマイクロペイメントを通じて月$1M(100万ドル)もの売り上げを得ている。プラットフォームの運営者は皆、システム内で直接マイクロペインメントを可能すると約束してきた。Facebookは昨年9月までにそういったシステムを提供すると約束したが、結局約束は守られず、そのプロジェクト自体、今や優先順位が高くないようだ。MySpaceも2008年11月にマイクロペイメントのサポート計画を発表した。しかし実現の時期に関しては明言を避けている。私の見るところ、MySpaceもFacebookも直接支払のためのプラットフォームを実現する気はない。支払いシステムにはあまりにも厄介な問題が山積している―詐欺、引き落とし不能、セキュリティー等々の問題に対処するには膨大なコストがかかる。リスクもとてつもなく大きい。PayPalが築いたようなインフラを一から作り直すのはコストパフォーマンスがよい仕事ではない。MySpaceもFacebookもマイクロペイメントに関してはおそらく実績あるサービスを提供しているサードパーティーと提携することになるだろう。これは今までにも例がある。(FacebookとMySpaceは案内広告を、たとえばOodleに委託している)。いちいち自分でシステムを構築する手間をかけずとも、収入の一部を吸い上げられればそれでよいわけだ。しかしAppleは間違いなく自前でシステムを作ってくると思う。Appleはすでに基本的な支払いプラットフォームをiTunesで確立している。これにマイクロペイメント機能を付加するのはさほどの手間ではあるまい。[原文へ](翻訳:Namekawa, U) ShowListings(“arc3”); ShowListings(“arc2”); AddClipsUrl = ‘http://jp.techcrunch.com/archives/20090102iphone-myspace-facebook-race-to-micropayments-in-2009/’; AddClipsTitle = ‘今年はiPhone、MySpace、Facebookがいよいよマイクロペイメント・サービスの提供へ’; AddClipsId = ‘2CBE02C952CFE’; AddClipsBcolor=’#78BE44′; AddClipsNcolor=’#D1E9C0′; AddClipsTcolor=’#666666′; AddClipsType=’1′; AddClipsVerticalAlign=’middle’; 前の投稿へ トラックバック […]

  3. […] 1.大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ (12/31) […]

  4. […] Tech Crunchさんによると、この発売に関して独立したAppleに近い3つから情報が入っているそうでかなり信憑性の高い情報と言えそうですが、あくまでも予想ということであります。日本ではiPhoneの売れ行きが微妙で、iPOD Touchで我慢する的な意見をよく聞きますよね。もしiPOD Touchの大画面版が出れば、その傾向は更に深まるような気もしますw まぁどちらにしてもタッチ式のデバイスは今後どんどん普及していくでしょうから、大画面は魅力的なことにかわりなさそうです。 […]

  5. […] Miniか?ビッグサイズのiPod Touchか?それともnetbookか?あるいはアルミ製MacBookやMacBook […]

  6. […] Posted an item on Generic. 大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ […]

  7. 通りすがりの人 より:

    7~9インチですか。でかすぎてポケットに入りきらないから通学中の電車内で聞いたり出来ないかもしれませんねorz
    iPod touch 2Gを買おうと思っていたのですが、「3Gが出るまで待っておこう!」と思ってたのにあんまりですApple(涙
    でも、発表されてみないと分からないので少し期待してます。

  8. […] 今回、iPhone上のKindleアプリケーションに対して行われた小さな変更が、Kindleのこのような未来像をかいま見させてくれるのだ。しかもこの夏iPhone 3.0が登場すれば、アプリ内購入がサポートされる。AmazonはKindleアプリにもきっとこの新機能を導入するだろうから、購入はさらにやりやすくなる。ただし、アプリ内購入を経由すると、Appleが通常のアプリケーションと同じく30%を取る。Amazonが、それを黙って受け入れるはずがない。Appleと交渉してマージンを引き下げるか、またはWeb上で買う今のやり方を続けるかだ。Appleは、何と言うだろう? それに、Apple自身がタブレット機を出すという噂はどうなのだ? eBookの世界はますますおもしろくなりそうだね。 CrunchBase Information Amazon Kindle iPhone Information provided by CrunchBase […]

  9. […] Apple Tabletに関する新しい証拠が今日(米国時間5/21)上がってきた。本誌がこの製品を初めて記事にしたのは昨年の暮れで、そのころ中国のOEMたちに話が持ち込まれたらしい。詳しい情報はまだ乏しいが、それはリークが少ないせいではないだろう。むしろAppleは、画面サイズのような重要なスペックをまだ秘密にしているのだろう。 […]

  10. 通りすがりの人 より:

    >3Gが出るまで待っておこう!
    僕もそう思って2Gをどれだけ我慢したことか(T_T)
    大画面のデバイスもいいかもしれませんが、個人的には
    iPod touch 3rd Genを出してもらいたいところですね。

  11. […] 9.大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ(2008/12/31) […]

  12. […] この件についてはすで一部の人たちが書いているが、肝心の点が抜けていると私は思う。第一に、はっきりしている点。来年Chrome OSが公開される時点での主要ターゲットは、Appleが参入していない市場、ネットブックだ。もちろん将来、恐らく来年Appleはタブレットコンピューターのようなものを出すに違いないが、それはネットブックではない。iPhone OSかOS X、またはその両方を組み合わせて特別な味付けをしたOSが走ることが確実なタッチスクリーンデバイスだ。そしてそこではiPhoneと同じくスタンドアローンアプリが動くはずだ。これはChrome OSの狙うところではない。 […]

  13. […] だから、Appleが今タブレット機(または大画面のiPod touch)を開発中なら、そのお値段は500ドル以上になるだろう。これはAppleウォッチャーたちにとって常識だが、Cookの口からそれが聞けたことは重要だ。 […]

  14. […] 言われて思い出す方もおられると思うが、昨年の12月に本誌は初めて、Appleが大型のiPod touchを企画していると報じた。Appleのタブレット機をめぐる噂はここ数年つねに飛び交っていたが、本誌の情報筋は、そのデバイスがAppleの今のモバイルデバイス、すなわち売れに売れているiPhoneとiPod touchに近いと言っていた。そしてAppleInsiderの最新報道は、そのことを確認するとともに、さらに詳しい情報も報じている。 […]

  15. […] ポイントは、あらゆる兆候がAppleからタブレット(あるいは大版のiPod touch)が出ることを示しているが、発売は2010の可能性が高いということだ。Appleはこの数年間、特定の製品カテゴリーに特化した小規模なイベントを行うことに力を入れてきた。9月のイベントにApple Tabletが入るようなことがあれば、「Cocktail」プロジェクトや iTunes 9、 全く新しいiPod touchなど、同社が予定している他の発表が台無しになるだけだ。 […]

  16. […] 10.大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ(2008/12/31) […]

  17. […] 10.大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ(2008/12/31) […]

  18. ていうか より:

    ガセでしたな

  19. […] 【7】大画面iPod Touch、2009年秋デビューへ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中