[隠し過ぎ]グーグル、iPhoneアプリに仕込んだ隠れメニューを自分で発表

次の記事

本当にお金に困ってるアプリ開発者に$3K貸す新ファンド

グーグルは喋って検索できるiPhoneアプリのメニューにイースターエッグを仕込んでいた。ところがあまりにも隠し方が巧かったせいで誰も偶然見つけてくれない。とうとう痺れを切らせてブログにお宝の在り処を発表してしまった。

この情報を最初に伝えたのはVenturebeat。そちらにスクリーンショットがもっと沢山出ているよ。

iPhoneにGoogle Mobile Appをインストール済みの人は、Settingsタブを開いて一番下までスクロールダウンして、上向きにスワイプし続けると「Bells and Whistles」という秘密のオプションが出てくる。これはアプリの外国語版でも同様に動き、一度見つけたらずっと消えずにその場所に残る。

この隠れメニューを使うと、アプリのテーマカラーを変えたり、デフォルトの音声を鶏や猿の鳴き声にできるほか、 「Live Waveform」という、音声をグラフにビジュアライズする機能や、アプリ内でハイパーリンクを開くよう選択できる便利な機能もオンにできる。

さ、自分が一番乗りで見つけた機能だよって、友だちみんなに言って回ろう。

[原文へ]

(翻訳:satomi)