GoogleがDodgeball, Jaiku, Videoなどなどを切り捨て

次の記事

Facebookがビッグチャンスを逃がした

Googleに雨が降るときは、必ず土砂降りだ。今日(米国時間1/14)の午後行われた最初のレイオフ発表に続き、Googleは複数のブログ記事で、今後のサービス閉鎖について詳しく報じた(Danny Sullivanがまとめた記事がこれ )。閉鎖されるのは、Google Notebooks、Google Catalogs、Dodgeball、Google Video、Google Mashup Editor、そしてJaikuの開発打ち切りだ(サービスは存続する)。

以下が、何がどう変わるのかのまとめ:

Jaikuは現在、Google App Engineへの移植が進められていて、オープンソースのプロジェクトとしてGoogle Codeでリリースされる。しかし開発がGoogleの手を離れても、オンライン状態を維持する。

DodgeballはSMSを使ってユーザ同士が位置情報を共有するためのサービスだが、完全に閉鎖される。ただし時限は“2か月後”という大まかな言い方だ。

Mashup Editor(非公開ベータ)はApp Engineに置き換えられる。(Jaiku、Dodgeball、Mashup Editorに関するGoogleのブログ記事はここに。)

Google Notebookは現在のユーザにのみ対応、新規ユーザは受け付けない。現在のユーザも、ブラウザの拡張機能は使えなくなるから、サービスの利便性は相当劣化する。Googleが推奨する代替サービスは: SearchWiki、Google Docs、Tasks(Gmail)、そしてGoogle Bookmarksだ。

Catalog SearchOCR(光学式文字読み取り)をデモするサービスとして人気があった。最近はしかし、人気はGoogleのBook Searchに移ってしまった。

Google Videoは数か月後にアップロードができなくなるが、既存のコンテンツを見ることはできる。Googleが2006年にYouTubeを買収してからあしかけ4年、GVの葬式までに時間がかかりすぎたね。

これからも、こんな発表が続々あるのか、それは現時点ではわからない。数か月以内に切り捨てるのはこれがすべてか? もっとマイナーな製品が今後は処刑されるのか? たとえばWikipediaに対抗するGoogleのKnolは、ほぼ足踏み状態だ。熱心なファンがいる高度な通信サービスGrand Centralはどうなる? 未だに一般公開されていないけど。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)