ustream

Ustream、正規版iPhoneでの初めてのビデオ・ストリーミング発信アプリ提供へ

次の記事

Facebookに続いてMySpaceもPower.comを締め出し

Ustreamは正規版の(jailbreakされていない)iPhoneとしては初めてのライブ・ビデオ・ストリーミング・アプリを開発し、現在Appleからの承認を待っている。先月、MobileCrunchはテスト機上で動作するこのアプリのスクリーンショットを掲載した。昨日(米国時間1/17)は共同ファウンダーのJohn HamがTechCrunchオフィスでデモを披露してくれた。(下にエンベッドしてある)。

このアプリで、ユーザーはiPhoneからライブ・ストリーミングでビデオをインターネットに公開することができる。またユーザーコメントを読み書きすることもできる。

ライバルのQikも似たようなアプリケーションを2008年8月に公開している(こちらの記事も参照)が、これは(jaibreakで)ハックされたiPhoneでしか動作しないFlixwagonにも類似のアプリがあるが、これもjailbreakされたiPhones向けだ。しかし、われわれの知る限り、まだ誰もAppleの正規の承認手続きを経たライブ・ストリーミング・アプリを出していない。

こちらがデモビデオ。

注意して欲しいのは、これはわれわれが昨日紹介したアプリとは別物だという点だ。昨日のはiPhoneからUstreamビデオを見るためのアプリだ。(これもクールな出来だったが)。今回のは、ユーザーがライブビデオをiPhoneからインターネットに発信するためのアプリだ。

現在、このアプリはAppleの承認待ちだ。いつ頃承認が得られるのか、Ustreamでは明言を避けているが、ごく近々にもリリースされるかもしれない。期待して待とう。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)