GmailがGoogle Gearsでオフラインに

次の記事

ヤフーCEO バーツ:「この会社を憶病者のために解体する必要はない」

今日まで、Gmailの最大の弱点はオフラインでメールを読めないことだった。今日(米国時間1/27)、それが変わる。ついにGmailがオフラインになった。GoogleはGoogle Gears版のGmailをGmail Labsで今日から提供する(見えないときはチェックを続けること。全ユーザーへの提供は今週末までに完了する予定)。

ブラウザーにGoogle Gearsプラグインをインストールすると、オフラインになったことをGmailが認識するようになる。メールがキャッシュされるので、読んだり返事を書いたり検索したりスターやラベルを付けることができる。再度インターネットに接続すると、全メッセージが送信される。添付ファイルを開くこともできる。これは、Gmailが既にAndroidやGearsをサポートしている携帯電話で動いているのと全く同じ方式だ。実際、Gmailのプロダクトマネージャー、Todd Jacksonが今日私にこう説明してくれた。

裏で動いている同期エンジンはAndroidやオフラインGmailと全く同じものです。

ただし、使えない機能もある。スペルチェックをはじめ、インターネット接続を必要とするものはオフラインでは使えない。また、添付ファイルを開くことはできるが、送信時に添付ファイルを追加することはできない(ただし、後日この機能は追加される予定)。

Google Gearsは、同社のウェブアプリ戦略の中核をなす。Gears 版の Google Docsは2008年3月に公開された。Google Calendarのオフライン版は近いうちに企業ユーザーに提供される予定だ。Jacksonが説明する。

当社の長期ビジョンは、あらゆるタイプのアプリケーションを配布するうえで、ブラウザーが理想的プラットホームになることです。最も強力なアプリケーション群はブラウザー内で動作するべきだと考えています。歴史的にはインターネット接続によって制約を受けてきました。

Gmailユーザーたちよ、あの鎖を振り払おう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)