GmailがGoogle Gearsでオフラインに

次の記事

ヤフーCEO バーツ:「この会社を憶病者のために解体する必要はない」

今日まで、Gmailの最大の弱点はオフラインでメールを読めないことだった。今日(米国時間1/27)、それが変わる。ついにGmailがオフラインになった。GoogleはGoogle Gears版のGmailをGmail Labsで今日から提供する(見えないときはチェックを続けること。全ユーザーへの提供は今週末までに完了する予定)。

ブラウザーにGoogle Gearsプラグインをインストールすると、オフラインになったことをGmailが認識するようになる。メールがキャッシュされるので、読んだり返事を書いたり検索したりスターやラベルを付けることができる。再度インターネットに接続すると、全メッセージが送信される。添付ファイルを開くこともできる。これは、Gmailが既にAndroidやGearsをサポートしている携帯電話で動いているのと全く同じ方式だ。実際、Gmailのプロダクトマネージャー、Todd Jacksonが今日私にこう説明してくれた。

裏で動いている同期エンジンはAndroidやオフラインGmailと全く同じものです。

ただし、使えない機能もある。スペルチェックをはじめ、インターネット接続を必要とするものはオフラインでは使えない。また、添付ファイルを開くことはできるが、送信時に添付ファイルを追加することはできない(ただし、後日この機能は追加される予定)。

Google Gearsは、同社のウェブアプリ戦略の中核をなす。Gears 版の Google Docsは2008年3月に公開された。Google Calendarのオフライン版は近いうちに企業ユーザーに提供される予定だ。Jacksonが説明する。

当社の長期ビジョンは、あらゆるタイプのアプリケーションを配布するうえで、ブラウザーが理想的プラットホームになることです。最も強力なアプリケーション群はブラウザー内で動作するべきだと考えています。歴史的にはインターネット接続によって制約を受けてきました。

Gmailユーザーたちよ、あの鎖を振り払おう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“GmailがGoogle Gearsでオフラインに” への3件のフィードバック

  1. […] 1.GmailがGoogle Gearsでオフラインに (1/28) […]

  2. […] 先週Gmailのオフライン機能を発表したあと、Googleはさらにまたもうひとつ、同社のWebサービスのオフライン機能の提供を開始した。それはGoogle Calendarだ。ただしまだ、一般公開はされてない。Google Gearsを使って構築されたこのオフラインアクセスは、同社のビジネスソフトウェアパッケージGoogle Appsのユーザだけが利用できる。 […]

  3. […] 2004年にGmailが生まれてから今日までGoogleは、オフラインアクセス、チャット、検索、モバイルアクセスなどなど、機能盛りだくさんの強力なメールプラットホームを着々と築いてきた。さらにGoogleはこの機に乗じ、GmailとDocsやCalendarなどのアプリケーションを組み合わせて、Google Appsと名付けた企業向けのサービスを提供するようになった。そして本日(米国時間5/13)、Googleは、自動車部品メーカーのValeoと提携して、同社の全世界の従業員、インターネットを日常的に使っているおよそ3万人の社員たちに対してGoogle Appsを展開することを発表した。 “クラウドコンピューティングによる費用節減効果と技術革新により、企業はグローバルおよびモバイル上の社員従業員に対してより良質な対応が可能になる。このことは、今日の厳しい経済状況においてはとりわけ重要である”、Google Enterpriseの社長Dave Girouardはこう語った。”私たちはValeoがGoogleを選んだことに対して、身も心も震えるほど興奮している”。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中