Scrapblog

オンラインスクラップブックのScrapblogが$4Mの資金をゲット

次の記事

Googleがネット中立性のための新兵器Measurement Labを導入

ユーザがFlashを使った高級なオンラインスクラップブックを作れるサイトScrapblogが、DisneyのSteamboat VenturesとLongworth Venture Partnersが仕切る$4M(400万ドル)の資金調達ラウンドを完了した。これでScrapblogの総資本は$7.5M(750万ドル)になる。

Scrapblogが提供しているオンラインエディタを使ってユーザは、テキストや画像、カラフルなテーマ、などなどのパーツでスクラップブックを飾れる。さらにそれを、Web上で共有化したり印刷することもできる。同社は2006年に本誌が紹介し、一時オフラインになっていたが、2007年3月に再開した。今では登録ユーザ200万に成長し、スクラップブックの総ページ数は400万以上に達する。同サイトは、Disney、Discovery、Photobucket、ABCなどのメジャーなメディアサイトと提携している。

収益源は、スクラップブックの印刷、スポンサー付きのプロモーション、および最近発足したScrapblog Marketplaceと呼ばれる仮想グッズのストアだ。このストアでユーザは、有名アーチストの作品を買って自分のスクラップブックを飾れる。”スクラップブックづくりのためのiTunes”というへんなあだ名が付いているが、こういうニッチのユーザにとっては魅力が大きいだろう。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)