Yahooからの市場奪取に向けて手段を選ばぬGoogle、PayPerPostキャンペーンを採用

次の記事

メッセージ集約のAlertThingy、TweetDeckのアイディアをいただき

logo_google_japan世界規模で見ればGoogleが検索エンジン第一位であるのに間違いはない。しかし韓国(Naver)、ロシア(Yandex)、あるいは日本においては地元の競合エンジンが勝利を収めている。とくに日本は世界3位のインターネット人口(1億人程度がオンライン)を抱えるが、依然としてGoogleにとっては難関であるようだ。

ニールセン・ジャパンのレポートによれば、2008年10月はYahooの検索ページは35億回閲覧されたが、Googleは第二位で26億回の閲覧回数となっている。2008年9月に公開されたComscore Japanのランキング情報によると、日本の検索マーケットシェアではYahooが51.2%のシェアを握ってトップに君臨している(Googleは39.0%だった)。

Googleが事態を等閑視しているわけではない。いくつもオンライン広告やオフラインでプロモーションキャンペーンを展開し、日本向けに特化したサービスも展開している(たとえばPicasaでは携帯電話でのアクセスを容易にするため、最近QRコードを付加した)。また本日(米国時間2/9)、Googleはブロガーの記事に対して対価を支払うPayPerPostを行っていることを明らかにした。PayPerPostはTechCrunchでも評判の悪いマーケティングツールだ。

事態の背景には次のようなことがある。

先週木曜日、Googleジャパンはトップページを改良し、日本独自の「急上昇ワード(ホットキーワード)」を入れ込んだ。ここには現在最も検索頻度の高い5つのキーワードが表示される(以下のスクリーンショット参照)。

top_page_google_japan

iGoogleの利用者は1ヵ月前からこの「急上昇ワード」トップ10を表示するガジェットを追加することができるようになっており、この度ブログにもウィジェットとして追加できるようになった。これにより日本のGoogleサイトは他のどの国におけるよりもポータルらしくなった。この方向性は明らかに対抗するYahooの位置を狙うものだ。

しかしこれだけでは十分ではないと考えたようだ。日本のブログ界では今、Googleが東京に拠点をおくインターネットマーケティング会社のCyberbuzzによるキーワード機能に関するPayPerPostキャンペーンを採用したことに注目が集まっている。実際、Googleのブログ検索を使って「Google急上昇ワードランキング+ブログパーツ+CyberBuzz」と日本語で検索するといくつものページがヒットし、数多くのブログが参加していることがわかる。たとえばこちらのブログではキーワード・ブログパーツを組み込み、世の中の動向を知るのに大変便利なツールだと紹介している。こちらのブログでは、キーワードが20分毎に更新され、日本のテレビスターの情報を得るのに役立ったりもすると書いている。これらの記事はいずれも「Cyberbuzzのキャンペーンに参加している」旨の情報を掲載している。

Googleは比較的最近に米国においてPayPerPostを行うブログに対して厳しい措置を採っており、今回のキャンペーンは興味深い。PayPerPostのコンセプト自体は日本でのシェア向上に役立つと考えているのだろう(尚、日本では米国におけるほどPayPerPostに対する風当たりは強くない)。

Google Japanの新しい社長である辻野晃一郎氏は先月、Yahoo Japanの過去における輝かしい成功に倣い、日本独自のマーケティングおよびプロダクト戦略を採用してブランド力の向上を計ると述べている。但しPayPerPostキャンペーンでGoogleの本気は伝わるにしても、これでYahooから日本市場を奪取できるというわけにはいかないだろう。

本記事はAsiajinでの情報を参考に執筆した。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)