企業向けTwitterクローンのYammer、社内でホスティングできるバージョンをローンチ

次の記事

Google、フィンランドの製紙工場を買収へ

今日(米国時間2/12)、ロサンゼルスで行われたLA Twiistupイベントで、企業向けのTwitterクローン・サービスを提供しているYammerが、ファイアウォールの内側にある企業内サーバにインストール可能な新しいバージョンを発表する予定。

Yammerはベンチャーキャピタルがバックアップするスタートアップだが、今回の動きは同社が大企業に利用を広げようとする上で、必然的なものといえる。大企業には、セキュリティー上の考慮からインターネットを利用した社内コミュニケーションを許可していないところが多い。(現在は通常のSaaS版が提供されている)。

利用者はSaaS版と自社内ホスティング版を自由に使い分けることができる。Yammerは利用者の要望があれば2つのネットワークの情報の相互乗り入れをサポートすると言明している。料金はユーザー1アカウントあたり$12。ただし、Yammerでは利用者の数と利用方法に応じて料金を算定するとしている。Yammerのソフトは利用企業の既存の環境にインストール可能であり、利用ライセンスおよびサポート契約が付随する。

ちなみに、Yammerは最近、iPhone版アプリをオープンソース化した。ドキュメンテーションはGitHub上で公開されている。

Yammerは昨年秋に開催されたTechCrunch50カンファレンスの総合最優秀賞を受賞している。また最近$5M(500万ドル)を調達している。われわれTechCrunchでも社内コミュニケーションに大いに利用している。ただし、最近ダウンしたこともある

Yammerの開発チームに要望を言えるとすれば、私としては、ネットワーク全体に向けたステータス・アップデート機能を付加してもらいたい。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)

“企業向けTwitterクローンのYammer、社内でホスティングできるバージョンをローンチ” への2件のフィードバック

  1. yutakarlson より:

    ■企業によるミニブログ利用が拡大,主流は「Twitter」―企業内ブログには相応しくないかも?
    こんにちは。Twitter使用文字数が制限されているため、書く側の心理的障壁が低くなるとともに、本当に重要なことだけ、要点だけ書くようになって良いと思います。ただし、Twitterの場合は、原則公開なので、企業ブログとしてはふさわしくないと思います。私は、企業で用いるなら、グーグル・サイトあたりが、最もふさわしいのではないかと思います。かなり、自由度が高く、豊富なガジェットも使えます。さらに、ファイルのアップ・ダウンロードもできます。また、公開方法も自由に設定できます。確かに、Twitterのような機能はありませんが、たとえば、サイトの中に、150字コーナーみたいなものを設置することにより似たようなことはできると思います。拡張性、安全性など考えると企業サイトとしては、グーグル・サイトが良いと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

  2. […] 企業向けTwitterクローンのYammer、社内でホスティングできるバージョンをロ… […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中