MixMatchMusic
LastTweet
foxytunes
blip.fm

Twitterを音楽のように聞く方法

次の記事

Facebook Photos、混戦から抜け出す

人は一般に何かを共有することを好み、Twitterは、自分のすること、着るもの、読むもの、コメント、食べるもの、使うもの等々を気にかけてくれるあらゆる人に対して、現在の状況を瞬時に配信できるようにした。たとえ140バイト以下であっても。Twitterにいる時に自分がどんな曲を聞いているかを共有する人が多いのも実に自然なことで、これは他のソーシャルネットワークやコミュニケーションサービスで何年も前から状態フィードの使い方としてよく行われていることだ(Facebook、Skype、Windows Live Messengerなどがすぐに思い浮かぶ)。

Twitterを使って何かしら音楽に関係することをする方法をいくつか紹介する。

* Blip.fm – われわれが最初にこのサービスをレビューしたとき、「音楽のためのTwitter」と名付け、2008年後半には専用APIを公開した。Blip.fmを使えば誰でも自分専用の音楽放送局を作ることができ、Twitterなどの共有サービスで曲を配信し、みんなで好きな曲について語れる。

* Twiturmもほぼ同じことをする。 – 音楽をアップロードしてTwitterのフォロワーみんなとすぐに共有できる。自分の楽曲を共有したいアーティストのためのサービスなので、名前の由来は「Twitter Ur[Your] Music」。

* Twisten.fmEscape Media Groupが自社の音楽発見サービス、Groovesharkと、URL短縮サービス、TinySongを繋ぎ、Twitterをクロールして音楽に関するメッセージを探すアプリケーションを加えたもの(Twitterで “listen”する)。

* Twt.fm(命名パターンわかる?) – アーティスト名、曲名と自分のTwitterユーザー名を入力する。するとTwt.fmがあなたのTwitterページのデザインを使って曲のページを生成し、それをフォロワーにつぶやくことができる。

* Tweetj – 曲を聞いている時につぶやきの中に#tweetj というタグを入れると、公開プレイリストに表示される。プレイリストでは新しい曲を見つけたり、Amazonで曲を買うことができる。

* これに似たサービスがWiiZZZ(そう、これが本当の名前)- ある日にTwitterユーザーの誰かが書いて共有された曲を、全くランダムに選んで聞くことができる。

* Play Twitter – TwitterまたはIdenti.caでMP3を簡単に聞くことがてきる。MP3のリンクはペーシ上で自動的に再生可能になる。

* Tra.kz – この「音楽に関するあらゆることのためのURL短縮サービス」は、MixMatchMusicによるもので、まさに予想どおりのことをするものなので、上に挙げたTinySongやSong.lyなどの類似サービスと直接競合する。

* TwittyTunes – Firefoxの機能拡張であり、別のFirefox機能拡張、YahooのFoxyTunesと組み合わせ使い、今聞いている曲をワンクリックでTwitterに流せる。

* LastTweet – 最新のつぶやきを表示するウィジェットをLast.fmのプロフィールに貼り付けられる。

他に要チェックなものとして、Twitterとは直接関係ないが、Nabbit(「携帯電話をラジオと結ぶ」)、MuseBin(140文字の音楽ニュースとレビュー。Blipprと似ているが音楽専用)、Twones「ソーシャル音楽フィード」)などがある。

アプリやツールやウェブサイトで抜けているものがないだろうか?
コメント欄で知らせてくれれば、記事を修正させていただく。

アップデート: Twitter専用ではないが、Favtapeを使うと、自分専用のプレイリストやオンラインミックステープを作って、Twitterで共有できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)