Hulu、2月の閲覧者数は1000万増。米国内ビデオサイト第4位の地位を獲得

次の記事

Skype、とうとうSIP(セッション確立プロトコル)採用―エンタープライズ市場を狙う

ComScoreの最新VideoMetrixデータによると、2月にHuluは二段階を飛び越えて米国内第4位の動画サイトとなった。3470万人の閲覧者が訪問し、3億3250万のビデオストリームが閲覧された。米国内からのユニークビジター数は1月の2450万から42%増加しており、配信ビデオ数では2億5050万から33%の増加となっている。

2月のみに限定すればHuluは全閲覧者数および配信ビデオ数でViacomやMicrosoftを抜き去っている(1月のデータはこちら)。また2月のビデオ配信回数が3億5350万だった第3位のYahooにも追いつこうとしている。尚、第2位はFox Interactive(MySpace)だった。ちなみに第1位は言うまでもなくYouTubeで、閲覧数は53億に達しており他の追随を許さぬ状態だ。

Huluはオンラインビデオの世界で間違いなくメジャーとなりつつある。昨年5月にcomScoreの集計がスタートして以来、Huluの配信したビデオ数は277%の増加となっており、閲覧者数で言えば410%の増加となっている。Nielsen VideoCensusのデータも同様の成長傾向を示している(下に貼った2番目の表を参照)。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)