AppleのiPhoneアプリケーションの返金制度はデベロッパを破産させる

次の記事

Imeemにトラブル発生、しかし会社は閉鎖の噂を否定

昨日は(米国時間3/24, 日本版3/25)、Appleが非難されている、iPhoneのアプリケーションデベロッパへの支払いの遅れを報じたが、今日はAppleの返金のやり方をめぐるもっとヤバいニュースがiPhoneのデベロッパたちからもたらされた。iPhoneのユーザがアプリケーションを(Appleの制度では90日以内に)‘返品’したら、デベロッパは売り上げから得た金額を返金しなければならないようだ。しかしここに落とし穴がある。Appleは全額をユーザに返金するが、手数料(売り上げマージン)は取るというのだ。だからデベロッパは売り上げから得たお金を返すだけでなく、Appleに手数料を払わなければならない。App Storeで売れた金額の30%がAppleの手数料だ。だからデベロッパの取り分は70%だが、ユーザに返金する場合はデベロッパは、Appleに売り上げの100%を返金しなければならない。

契約書にはこう書かれているt:

Appleを甲とし、デベロッパを乙とする。甲がエンドユーザから次のような申し立てを受け取った場合: (i)エンドユーザはアプリケーションをダウンロードしてから90日以内にそのアプリケーションのライセンスをキャンセルしたい; (ii)アプリケーションがその仕様または保証条項に合致していないか、または関連する法律に違反している、甲はエンドユーザに購入価額の全額を返金できる。甲がそのような返金を行った場合、乙はそのアプリケーションの価額に等しい金額を甲に支払うものとする。すなわち、エンドユーザへの返金に加え甲は、返金後も、そのアプリケーションの売上手数料を保持する権利を有する。

本誌が話を聞いたデベロッパは、返金を受け取ったユーザはそのアプリケーションを使えなくなるはずだが、実際のところどうなるのかよく分からない、と言った。しかも、契約書のこの部分は後から加わったもので、デベロッパが次世代のApp Store(iPhone OS 3.0の公式リリース後)でアプリケーションを売りたいならこれにサインしなければならない。でも、もう1人のiPhoneデベロッパから見せてもらった契約書には、12月の時点ですでにその条項がある。

われわれの想定では、Appleはユーザの求めに応じて返金する場合、銀行に手数料を払わなければならないが、それが売り上げの30%ということはありえないだろう。だからこの契約内容はデベロッパにとっておそろしく不公平だ。デベロッパは単純に、売り上げから得た金額だけを返せばよいはず。Appleは銀行に巨額のお金があるし、iPoneユーザの今後の拡大とともにApp Storeからの収入も増えるはず。デベロッパから返金手数料を取るようなことをしたら、今後iPoneのために開発をしようというデベロッパは1人もいなくなる。だって、デベロッパはAppleの言いなり、そしてAppleはデベロッパをゴミのように扱うのだから。

以下は、契約書の全文だ:


iPhone app contract – Get more Information Technology

[原文へ]

(翻訳:hiwa)

“AppleのiPhoneアプリケーションの返金制度はデベロッパを破産させる” への3件のフィードバック

  1. 頭文字S より:

    この著者Leena Rao氏の言い分に従うと、とあるメーカーがTVCMを打ってある商品を販売し、そのCMを見て商品を購入した人が後日返品を申し出てそれに返金で応じた場合、そのTV局(場合によれば、販売した小売店)がメーカーにCM経費(や、販売利益)を返還しなければならないという道理が成り立つことになる。
     しかし、常識的に考えるとそうした返品の原因なり責任はやはり商品(を作ったメーカー)に帰着するというのが普通の考え方で、実際これまでそんなことが起こったときに(特別な過失でもない限り)TV局や販売店がメーカーに返金したという話は経験上一度も聞いたことがない。むしろ、そんなことを始めたら、メーカーの代わりにTV局や販売店そのものが立ちゆかなくなり、結果的に受益者としての我々ユーザーが損失を被ることにもなりかねない。
     別にAppleの肩を持つわけではないが、記事として当然中立性というか客観性を持つべきなのに、この著者は何かしら偏見なり扇動的悪意を持って記事をしたためているようにしか見えず、全体的に浅慮のそしりは免れず、記者としては明らかに失格だろう。

  2. namekawa より:

    Appleのポリシーには賛否あって当然ですが、テレビ局はCMを放映するだけで販売を仲介していませんからAppleをテレビ局と同一に扱うことは無理でしょう。返品時の販売店とメーカーの関係は個別の契約によってさまざまだと思います。

  3. よっしー より:

    頭文字Sはバカすぎ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中