Mozilla Labs、Firefoxのお洒落を楽しむスキン機能を発表

次の記事

Tinker、店開き―マイクロ・ブロガーのためのマイクロ・ペイメントも

Mozilla Labsが本日(米国時間3/31)、Firefoxに軽い動作のスキンを追加するPersona(ペルソナ)と呼ぶ新たな機能拡張を発表した。ブラウズ操作を邪魔することなく、気分に応じてスキンを切り替えることができる。Personas for Firefoxが最初に発表されたのは、2007年末のことだった。このたびは多種カテゴリに渡る数百に及ぶアーティストデザインのスキンを用意して公開された。Mozillaのブログに装い新たなPersonaに関する記事が投稿されている。

個人的にはカスタムスキンやテーマといったものが大好きで、Personaを使えば気分によってブラウザのルック&フィールを簡単に変更することができるようになる。ただ今回の発表には少々ひっかかるところがある(以前記事にしたLabsの新機能にも感じたことだ)。Mozillaには見た目を楽しませるよりも、速度や使い勝手の改善に力を注いでもらいたいと思うのだ。とくにブラウザ戦争が再度勃発しつつある現状ならなおさらのことだ。Firefoxに必要なのは、イノベーションであってデコレーションではない。ただ、これはあくまでも個人的な考えだ。スピードよりも見た目を気にする人もきっといるのだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“Mozilla Labs、Firefoxのお洒落を楽しむスキン機能を発表” への1件のコメント

  1. […] ChromeのテーマはFirefoxのPersonasと肩を並べるものだが、Mozilla Labsが3月にリリースした後者は、テーマの数が多い。入手はこのディレクトリからだ。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。