音楽を盗むこと: それは悪か善か?

次の記事

NextStart, サウスカロライナにもスタートアップインキュベータができました

音楽は単純なものだった。ラジオでタダで聞く。ただし、何がかかるか分からないし、コマーシャルが多い。コンサートにはお金を払って行った。レコードやテープやCDも買った。CDをカセットテープにコピーして友だちにあげた。P2Pの音楽海賊がやってるのは、まさにこれだ。音楽を盗むことは、お店でCDやカセットを万引きすることで、だれもがそれは“悪いこと”だと自覚している。

だいたい30歳以上の年寄りが音楽のダウンロードは倫理に反する悪だと思うのは、それが盗みだと思うからだ。彼らは、音楽はお金を払うものと記憶している。でも、彼らももちろん音楽をダウンロードしている。ただし、彼らの良心は、ダウンロードした曲を聴くたびにチクチク痛む。

でも90年代以降に音楽を発見して好きになった人には、録音された音楽の聴き方の善悪という概念がこんりんざいない。彼らに、善悪判断を期待するのは無理だ。

しばらく、法律のことは忘れよう。この記事は法に触れる触れないではなくて善悪がテーマだ。政府機関やレコード会社は、インターネットで音楽をダウンロードして聴くことは、それにお金を払わなければ窃盗だとガミガミ言う。映画館で映画の上映前にも、そんなメッセージのコマーシャル(?)を見せられる。BitTorrentで音楽をダウンロードした12歳の少年たちが、訴えられる。われわれの政府は、音楽の海賊行為をやってると主権国家を脅すことすらする。

でもこの数年間で境界線がぼやけて、もう本当は境界線なんかないという状態になってきた。MySpace Musicなどいろんなサイトで、みんなが無料でオンデマンドのストリーミング音楽を聴いている。MySpaceならいいが、Project Playlistはだめ。後者は正しい契約をしていないから? わずか2年前には、インターネットの上で無料のストリーミング音楽を聴くことは例外なく著作権侵害で、不道徳のレッテルを貼られた。今では、何も問題ない。音声のコマーシャルを聞かずにすますことすらできる。

でも、ストリーミングではなくダウンロードは今でも悪か? そんなことはない。中国に住んでいる人は、Googleから無料で合法的に音楽をダウンロードできる。ノープロブレムだ。

さっきは、法律のことをしばらく忘れようと言った。でもそろそろ思いだそう。なぜなら、レコード会社が残した遺産は、法律と、合衆国政府の録音された音楽に対する著作権法の不条理な適用と、その永続の意思だ。まともな心の持ち主なら誰も、インターネットで音楽をダウンロードすることが今でも“悪”だなんて説をひねり出すことはできない。レコード会社が遺したものは、法律だけだ。

そのうち、インターネットの現実も法律の改正を強要するだろう。いずれにしても、レコード会社は最後には降伏するし、録音された音楽は無料になる

そうなるまでは、音楽のダウンロードや共有化を後ろめたく思うことを拒否したい。なにかの曲を聴いたり、友だちと共有するたびに、レコード会社にとって有利なことをしているのだ※。だから彼らこそ、ぼくたちにお金を払うべきだ。その日が来るまでは、ぼくが倫理的にいけないことをしているなんて考えたり言ったりしないでほしい。中国では、レコード会社が、それはまったく合法的だと、にこにこ顔で認めているのだから。

〔※訳注:例–たとえば先日はBlack Box Revelationの無料ビデオを見て(聴いて)、彼らのCD(==今やファングッズの一種)を買う気になった。コンサートにも(国内であれば)行きたい。それは、人の心に対する、昔のFMラジオ(無料!)のはたらきと同じだ。〕

[原文へ]

(翻訳:hiwa)